こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

PCR検査を受けに

コムギがコロナの濃厚接触者になった話の続きです。

→納得がいかない濃厚接触者認定
→保健所からの連絡

 
今日はPCR検査を受けに行ってきました。

土曜日から24時間エアコンつけっぱなしの家で生活をしているので
ユッチを乗せた自転車で30分かかったのはきつかったです。
(私の自転車は電動ではありません)

しかも最後2割ほどはずーっと上り坂。
湿度がかなり高かったのでバテて気分が悪くなりました…

自分でびっくりするほど汗ダラダラ。
風呂あがりかい、みたいな。

 
現地に着くとちゃんと検査会場まで案内してくれる方が複数人待機していて
自転車を停める場所等も迷うことは一切ありませんでした。

みなさん、めっちゃ丁寧。

まずは身分証明書の確認と容器を受け取るために並ぶのですが、ここが屋外。
当然と言えば当然だけど暑い!
暑がりですぐのぼせる体質なので、自転車で必死こいたせいで眩暈がしそうなほどフラフラしました。
汗をかきすぎてメガネがズレる…

でもこんな中、防護服で対応されているスタッフさんはもっと大変ですよね…

 
で、この列に並ぼうとした瞬間コムギが「〇〇!」とデイで仲の良い女の子の名前を呼びました。

なんと、同じデイの子。
この子は保育園が同じだったので顔を知っています。
そして後ろに並んだのも同じデイの子。

まわりを見渡したら合計4組の親子がいたそうです。
デイは車での送迎なので私は最初に会った子以外は親子ともに名前も顔も知らないですが。

 
いざ順番がくると、名前を聞かれ、身分証明書を提示しました。
普段病院では保険証と医療証を普通に手渡すので今日もクセで差し出してしまいましたが
目の前に提示して確認するだけでした。

そりゃそうか。
感染疑い濃厚という扱いだもんね。

 
身分証明書を確認すると、子どもたちの名前が印字されている容器を受け取り
個別のブース的なところに案内されました。
左右を仕切っているだけの場所ですが、けっこうな数があったと思います。

そして唾液採取。

コムギはものの5秒程で採取完了。
早すぎやろ!!
けっこうな量やのに?!

一方ユッチは中々出なくて数分掛かりました。
容器には赤い線と青い線が書かれていて、その間までの量を入れるとの事でしたが、
並んでる段階で「唾はのみ込まず溜めておいてくださいねー」という案内がありました。

 
ここで笑ったのが貼り紙。
梅干しとレモンのイラストが(笑)
しかも「すっぱい梅干し」「すっぱいレモン」とテキストまで入ってました。

言いたい事はわかります。
私もうまくいかなければ子どもたちにそうアドバイスする予定だったので…

でもこんなクソマジメな場所で梅干しとレモンって!!!と。

一通り心の中で笑った後は、どうせならイラストより写真のほうがいいのかもなぁ…とダメ出しをしてました。
(もちろんこれも心の中で)

ちなみに撮影は禁止でした。
痰を吐くのも禁止でした。

いや、ここに限らず外で痰を吐いたらアカンのは当たり前やろ。
そんな表記をしないといけない程非常識な人がいるんでしょうね。

 
こんな感じでPCR検査は終了しました。
結果は2~3日以内とされていますが、今まで聞いた話では翌日に出るケースが多いように思います。
どうか明日連絡がきますように!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

six + 3 =

ページの上に戻る