こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

PCR検査の結果

コムギがコロナの濃厚接触者になった話の続きです。

→納得がいかない濃厚接触者認定
→保健所からの連絡
→PCR検査を受けに

 
今日お昼頃、保健所から2人とも陰性だったという連絡がありました。

そりゃそうだろうね。
…と心の中で突っ込みました。
(陽性だった子とは一切接触してないので)

連絡があったのは検査からちょうど23時間後。
思ったより早かったなぁというのが感想です。

 
これで堂々と外に出れる!
子どもたちも明日から登校出来るし、私も出社出来ます。

実際に陽性者と接触があった子は来週まで自宅待機らしいので
陰性だったとしても状況によりその後の対応が違うのかもしれません。

 
今回の流れとしては、

7/2(金)デイで陽性の子が出たと聞く
7/3(土)スタッフさんの陰性確認(この時点でうちは関係ないと認識)
7/4(日)接触していないはずのコムギが濃厚接触者になったと連絡がくる
7/5(月)保健所からPCR検査予約の連絡がくる
7/6(火)PCR検査を受ける
7/7(水)陰性判明

という感じです。

 
先週はユッチがヘルペスで月~水の3日間欠席してるし、
今週も月~水の3日間欠席。
仕方がないけど勉強は遅れてるだろうなぁ。

今週は兄妹2人とも3日間欠席しているので
もしかしたら疑ってるというか勘づいてる人もいるかもしれません。

 
私は「濃厚接触者と認定されたけど実際は接触してないし~」という軽い感覚だったけど
学校関係者や会社の人からすると「濃厚接触者」と聞けば
「コロナ患者と接触した人」「不安」「怖い」という感覚になると思うので
やっぱりまわりの目は多少気になります。

一応どちらも「陽性の子とは会った事すらない」という説明はしてますが
やっぱり「濃厚接触者」という単語は重たいと思います。

 
正直モヤモヤして納得できない気持ちは残ってるけど、
ブログのネタになったわーと思う事にしておきます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

five × three =

ページの上に戻る