こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

初マツエク

先月の話ですが、41歳にして初めてマツエクをしました。
(現在は誕生日がきて42歳になっています)

 
私のまつ毛は短くはないけどかなり少ないです。
下まつ毛なんて存在感ゼロというほどしか生えていません。

それなのになぜか男子のコムギはまつ毛が多く私の3倍くらいありそうな感じ…
一方女子のユッチは私と似たような感じで目が細くまつ毛が少ないです。

兄妹逆だったらよかったのに、と思わずにはいられません。

ていうか、元旦那も特にまつ毛は多くなかった気がするけど
どこの遺伝なんだろうか。

 
出産直前までは定期的にまつ毛パーマをしていたけど、
結局カールさせてもマスカラやまつ毛間を埋める為のアイライナーは必須です。

まつ毛が少ないとどれだけマスカラをしてもアイラインを引いても限度があり、
まつ毛の隙間が不自然なので隙間をアイライナーで埋める必要があるんですよね。
これが意外と面倒です。

 
それでもマツエクは「高い」「自まつ毛が減る」ということから踏み切れずにいました。
一度やったら止めれなくなりそうだし
20年間以上使用しているオイルクレンジグが使えない事もネックでした。

まぁ、一番は金額ですね。
定期的にかかる金額としては許容できないものだったので。

 
そんな感じで諦めていたのですが、
最近ちょいちょい飲むママさんのイトコが自宅でやっているという事を教えてもらったのでやってみることにしました。

たぶん知り合い価格的なものだと思うけど、許容できる金額。
何より近い。
徒歩2~3分の場所です。

 
いざ行ってみるととても丁寧な人でした。
初めてだったので長さ等も実際に私の目に合わせながら説明してくれて人柄も良さそうな人でした。

私の目はしょぼいのでハデなまつ毛は似合わないと自覚しています。
なので、一般的な長さで自然な感じでやってもらいました。

 
終わってから鏡を見ると「おお、すげー!」というのが感想。
語彙力がしょぼすぎるけど…

私は瞼が重いのでビューラーをしてもすぐまつ毛が下がるんですが
ちゃんとカールして世間一般的なまつ毛が存在していました。

もともとかなり少ないのでがんばってマスカラを重ね塗りをしても結局ヒジキにしかならないんですよね…
個体数が少ないのでどうしても限界というものがある。
ヒジキになるからまつ毛間の隙間が余計目立つし。

 
今までがっつりオイルでクレンジングをして痒ければガシガシこすってたので今後は扱いに注意が必要ですが、
つい擦ってしまってハッとなったりします。

クレンジングに関しては、アイラインが最小限で済んでいるのとマスカラを使わなくなった事でオイルじゃなくてもまったく問題ありません。
マツエクをする前はウォータープルーフのマスカラに
ウォータープルーフのアイラインでまつ毛の隙間を埋めてたので。

そこまでしても「化粧薄いよね」って言われるんですよね…

お湯でオフできる系のやつもあるけど、
汗かき&瞼が重いので溶けてパンダになります。
汗なんてお湯と同じだし。

ハデなアイシャドウは好きじゃないから色味はブラウン系だけど
目立たなくても奥二重だから目を閉じたらそれなりに広範囲に塗られてるんですよ。

 
半分グチみたいないなりましたが、マツエクはやってよかったです。
化粧の時間がかなり短縮されて朝もラクちんです。

予想はしていたけど一度やったらやめらないですね。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

two × four =

ページの上に戻る