こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

引きこもり生活で困る事と人の優しさ

子どもたちのインフルのおかげで缶詰生活3日目。

→1月27日投稿「風邪か、インフルか」
→1月28日投稿「学級閉鎖、そして…」
→1月30日投稿「やはりのインフル、そして痙攣?」

 
私は普段めったにマスクを使いません。
メガネが曇るので…

でもうちの家は今子ども2人のインフル感染によりウイルスだらけです。

しかし、新型肺炎のせいか近隣のお店はマスクがすべて売り切れでした。
隣のコンビニもマスクの売り場はすっからかん。
タイミング悪くユッチのオムツがなくなったので近くのドラッグストアに買いに行ったけど
そこでも普通のマスクはすべて売り切れてました。

ドラッグストアは店内の案内がすべて中国語のお店なので
そこは仕方がないのかもしれませんが
マスクの在庫なんてまったく気にしてなかった…

 
でもうちのマスクは昨日使い始めたのがラスト。
まだ身近ではない新型肺炎より我が家に蔓延してるインフルが問題なのにー。

でもそういや先週仕事で業者向けの通販サイトのマスクの在庫を大量に0にする事案があったな。
これはこういうことか。
ぜんぜん気付かなかった…

マヌケにもほどがあります。
今になって「あれは…」と実感しております。

 
ホームセンターならあるかも…等のママ友情報はあったものの
ホームセンターに行くとなれば近くないのでそこそこ時間がかかる。

高熱の子を置いては行けない…

 
そして問題なのはマスクだけじゃなく生鮮食品。

子どもたちの熱が高いので長時間の外出ができず、
冷蔵庫には野菜も肉もまったくありません。
生鮮食品以外は何でもコンビニで手に入るけど
コンビニでは玉ねぎやニンジン等の根菜程度しか売ってません。
一部冷凍の食材はあるけど…

で、ネットスーパーがある事を思い出したけど
いざ注文しようとしたら「本日分は受付終了しました」と。

まだ昼前だよ!
まじかい。
当日に配達してもらえるのがネットスーパーの利点じゃないのかい。

という事で、軽く難民的な状況に追い込まれてました。

 
母子家庭や単身赴任家庭だとこういう時困りますよね。
同じくインフル感染中の子がいる人とLINEをしてても
旦那さんがいる家庭だと当然こんな問題は出てこないので…

そんな状況だった夕方、同じマンションの友達がマスクと野菜を届けてくれました。
ありがたすぎるし、心からうれしい。

新型肺炎のことからマスクが手に入らない事はグループLINEで話題に上がってたけど
食料を手に入れられない事は一切言ってなかったのに。

実家で採れた野菜とのことですが
ほんとにうれしかったです。

 
こんな状況でも仕事はしてるものの、ちゃんとした環境ではない中の自宅作業。
首も肩も腰もお尻も痛いです。

加えてユッチのグズグズ、コムギの心配になる病状、
親子共に精神的によろしいとは言えない状況。

ストレス全開なので小さな事でも気が立ってしまうけど
身近な人からの援助で心が和みました。

私は気遣いが出来ない人間なので
こんなふうに行動できるような人間になりたいと心底思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

nine + ten =

ページの上に戻る