こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

私の歯ぎしり

少し前にユッチ繋がりの友達親子が泊りに来てくれたのですが、
その後別の日にそのママさんと2人で家飲みしてたら

「〇〇って歯ぎしりする?」

と、突然聞かれました。

 
ちなみにこの「〇〇」の部分は保育所(ユッチの学年)で仲良くなったママさん界隈で呼ばれてる私のニックネームですが
誰が言い出したのかまぁまぁ恥ずかしい呼び方です。

最初は否定してたけどそのうち定着してしまい、
いつの間にか恥ずかしさも麻痺して感じなくなっていました。
さすがに外で大声で呼ばれたら「ちょ、やめて!」ってなりますが…

そしてユッチの学年が小学校に上がって新たに仲良くなった人が出来たのですが
お互いを何と呼ぶかという話になった時に以前からこのニックネームで私を呼んでたママさんが
「みらいさんは〇〇!」と言ったら、

「え…、恥ずかしくてよう言わん」

と全否定された事もあります。

恥ずかしくて口にできないと言われた私のニックネームって…
結局その新たに仲良くなったママさんは私の子どもの頃のニックネームで呼んでくれています。

 
本題に戻りますが、私は就寝時に歯ぎしりをします。

私は寝てるので頻度はわかりませんが、
初めて指摘されたのは中学2年生のスキー合宿の時。
宿泊した翌日にまったく仲のよくない子に指摘されたのですが
自分自身そんな事は知らなかったのでかなりの衝撃がありました。

「は?何言ってんの?」と思いつつ、冷ややかでうざそうな言い方だったことだけは覚えています。

 
歯ぎしりがいつから始まったのかはわからないけど、
今41歳なので、かれこれもう30年近くという事になるのかな。

ある程度大人になってからは友達や彼氏等の他人と一緒に寝ることもあり、
やはり私は就寝時に歯ぎしりをしてるんだという事を改めて知る機会は複数ありました。

 
ただ、自分でその音は聞いた事がありません。

どんな音がするのか気になって起きている時にわざとやってみたことはあるけど
大した音が鳴らないので「ちょっとギリギリやってるんかねぇ」くらいでした。

しかし、今回「大丈夫なん??歯擦り減ってるんちゃうん?工事現場みたいな音してたで」と言われてびっくりしました。

え、工事現場?!

同じ部屋で寝てたのならともかく、別の部屋で寝てたんですよ…
何の音かとびっくりしたら歯ぎしりだったらしい。

さすがにほんとの工事現場ほどの音量ではないだろうけど
それぐらいすごかったという意味なんだと思います。

 
自分で歯ぎしりをしてる自覚がないとはいえ、
起きた時にアゴに力が入りすぎて痛い日はしょっちゅうあるので
「あぁ、私は歯ぎしりをしてるんだろうな」とは思ってたけど…

歯ぎしりだけではなく、無意識のうちに歯を食いしばってる事がよくあるのも自覚しています。
仕事中もよくあるので、あえて口を半開きにしてみたりするけど
ふと気が付いたらまた食いしばっててアゴが痛くなったり。

そのせいか私はエラまわりの筋肉がかなり発達してるようです。
気にした事もなかったけど、友達が実際に触ってびっくりしてました。

みんなこんなもんだと思ってたけど
逆に友達の顔を触らせてもらったら硬くなくて衝撃…

まぁでも最低でも30年間筋トレしてるようなもんだと思えば仕方ないか。
 

マウスピースを作る等の対策がある事は知ってますが
いろいろ思う事(主に言い訳と逃げ)があって歯医者に行けずにいます。

そういえば子どもたちに指摘された事はありません。

聞いてみたことはないけどもしかしたらコムギは気付いてるのかな。
ユッチは深夜に蹴っても叩いてもなかなか起きないくらいなので、おそらく気付いてないと思いますが…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

14 − twelve =

ページの上に戻る