こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

やっとSwitch購入

昨日やっとNintendo Switchを購入しました。

まわりで持ってない子はいないというほどのゲーム機ですが、
いろいろ思うところがあってうちは持ってませんでした。
(決してゲーム否定派ではありません、むしろ大好きです)

 
テレビに繋いで2人で遊べるようにコントローラーも買ったけど
本体とコントローラーで43000円弱しました…
消費税おそるべし。

店頭では税抜き価格で表示されてるのでレジでびっくりします。
ちなみにこれは2人分の今年の誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントをまとめています。

 
子どもたちは友達のゲーム機でしょっちゅう一緒に遊んでるので
操作に関してはもうかなり慣れてるのですが
私はSwitchに関する知識がほぼありません。

設定する段階で「みまもりSwitch」というのが出て来たのですが
要は保護者が管理する為の設定で、
Switch本体でやるのではなく私のスマホにアプリをインストールしてやるというものでした。

時代についてゆけん…

年齢制限、使用時間制限の設定ができるだけでなく使用した時間までわかるんですね。
まわりのほとんどのお子さんがSwitchを持ってるので
私が知らなかっただけで常識なんだと思いますが。

おぅ、ダウンロードしたやつまでわかるのか…

コムギはマインクラフトをやりたがってますが、
元旦那が買う事になってるので現状ソフトはひとつも買ってない状態。

フォートナイトに関してはそれほど好きというわけではないみたいだけど
無料だからダウンロードしてほしいと言われたのがこのスクショです。

年齢制限があるという事は知ってますが
まわりでは低学年の子もみんなやってるし、
コムギもやったことがあるのでまぁいいかな、と。

 
そして今日の夜。

私は最近のゲーム事情を知らないので、
同じ学校の5年生の子たち数人が参加してる中一緒に遊んでたユッチに
「あれ?それコムギのキャラちゃうん?」と何気に疑問をぶつけたのですが
「ちゃんとユッチがやってるって言ってるでー」と言われたので
「え?どうやって?キーボードないよな?」と言ったら「声で」と返されてハッとなりました。

ボイスチャット!!

何も知らずに少し前に「トイレのドア開けっ放し、電気付けっぱなし誰やねん!」と怒鳴ったばかり…

そうか。
今の子たちはボイスチャットが主流なのか。

私は一昔前(いや二昔前?)のPCでのオンラインゲームしか知らないので
キーボードでカタカタチャットしながら戦うのが主流でした。
(もちろんその頃も一応ボイスチャットはあったと思いますが)

 
夜は夜でコムギが風呂にも入らずフォートナイトをしようとしていました。

「先に風呂!」と言ったものの、同じ学校の3~5年の友達が7~8人いるらしく
「ちょっとだけ!」と言いながら数十分…

Switchを触った時点で阻止するべきだったと思います。
一旦始めてしまうと友達との繋がりもあるので強引に切るのも気が引けてしまう。

 
今後はやることをやるまでは触らせないというのを徹底しよう。

30分以上経過してさすがにアカンと思ったので
今度はヘッドホンのマイクを握りしめて声がまわりに届かないようにして
「アンタ、いい加減にしいや?」と静かにキレました。

ゲーム機に関してはまだまだ言いたい事があるのですが
今回はここまでにしておきます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

one × three =

ページの上に戻る