こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

おもちゃドローンの盲点

コムギのクリスマスプレゼントだったおもちゃのドローン。

ガードが付いてるので、テレビやPC等のディスプレイを傷付ける事がないと安心してたけど
人に対しては安全ではなかったようで
コムギが飛んでるドローンと接触して唇と顎をケガしました。

 
ケガと言っても大したことはないです。
食べてる最中に噛んでしまった時のほうがよっぽどひどい程度の小さな切り傷です。

でも痛みに敏感なコムギは大騒ぎ…
痛いのは痛いだろうけど、まるで腕が落ちてしまったかのように騒ぐ。

実際傷を見るとほんとにかすり傷です。
ドローンがぶつかったショック自体はあったと思うけど
大げさに騒いで泣かれて焦った結果、「これだけ?」と思ったのが正直な感想。

だって、そんだけ取り乱されたら親としては
「どうなった?大丈夫か?!」となりますよね…

 
コムギはティッシュで口を押えて「血!血が出てるーー!!」と更に大騒ぎ。

いや、たしかに痛いのは痛いと思う。
でも鏡で見てみ?ほんま大したことないから…
唇が乾燥してる時に笑ってピシッと割れた時より浅いし。

と思って「鏡見てき?ほんまに小さいから。ぜんぜん大丈夫やから」と言ったもののの
「無理無理無理ー!」といった感じ。

 
特性上めんどくさい事になったけど、
おもちゃのドローンでケガをする事があるとは思わなかったので「気を付けないとな」と実感しました。
他の子がいる時は気をつけよう。

予備知識もない状態で店頭で選んだ商品。
気を付けないといけない事もまったく把握してませんでした。

おもちゃとはいえ、ドローンはプロペラが高速回転するので接触すると切れます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

eighteen + 5 =

ページの上に戻る