こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

1人で行けた

先週の木曜日朝、しょーもない事からヘソを曲げたコムギは
私が出発する時間になっても布団から出てきませんでした。

送っていくべきだとは思ったけど、
パジャマのまま何一つ用意ができてない状態なので待ってたら私の遅刻は確実。
正直こんなことでしょっちゅう遅刻なんてしてられません。

コムギは学校に行くとは言ってるけどこの状況で1人で行けたことはないし、
いつもこのパターンで学校から電話が掛かってくる。

どうしたものか…

 
コムギは休日の「いきいき」は1人でも行けるし、学校の前の公園にも1人で行けます。
不安な感じもまったくなく余裕な感じです。

でも学校のある日に遅れた時は1人で行けない。

なので、1人で行動できないというわけではないんですけどね…
基本的には不安が強いタイプでもないです。

前までは忘れ物をした時に職員室に鍵を借りに行く事もできなかったけど
それも3年生になってやっと克服した後は普通に1人で借りれるようになったので
一度殻を破れば後は問題のないタイプです。

という事で「1人で行ってもらう」という賭けに出ました。

 
とは言え、これまでの流れから行けない可能性も高い。
過度な期待はしてなかったので学校から電話があれば欠席を伝えるつもりでいました。

案の定9時前に学校から電話が…

ただ、この10分くらい前にコムギから家を出る旨のメールが届いてたので
それを担任の先生に伝えたらちょうど学校のインターホンが鳴ってコムギが到着しました。

「あ、今来ました!」と。

 
よし!

1度出来ればあとはもう大丈夫。
これからは置いていっても安心です。
夕方コムギを褒めたところ、本人も自信が付いたようです。

登校班に間に合わそうとしない部分は問題ですが、
最終的に授業に間に合うように学校に行けるならそれでいいです。

 
この件に関して、とある相談場所で「学校に行けないならそれでもいい」という事を言われました。
私もそれには同感です。

学校がすべてじゃないし、行けない理由があるなら行かなくてもいい。
コムギは勉強自体は好きなので学校に行けないなら楽しみながら出来そうな教材も用意します。

ただ、コムギの場合は学校にイヤな理由があるわけじゃなく
ただ寒いとか動きたくないというだけの理由なので私は行かせようとしてます。

 
当初は「何か学校でイヤなことがあるのかな?」と気になったりもしたけど
本人は行ったら行ったで楽しいと言うし、行きたくないとも思ってないと言う。

ただただ朝「めんどくさい、寒い、動きたくない」が理由で
体調不良等も一切ありません。

その結果遅れてしまってどうにもできない。
休みたいわけじゃないけど1人で行けない、という状況でした。

なので、そんな理由で休ませるのは違うかな…と思ってます。
まぁ、一度休ませたけどコムギ本人はそれに味をしめたりはしてなくて
休みたいとも思ってないようです。

退屈だったみたいだし。

 
少しややこしい年齢に差し掛かってるので感情の起伏はいろいろあるけど
一番の問題はモチベーションのような気もします。

コムギは虫が大好きなので真冬は楽しみがないけど
暖かくなれば気持ちは変わるだろうと思ってます。

ただ、言うてる間に思春期を迎えるのでまだまだいろいろ起こるんだろうな。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

10 − 1 =

ページの上に戻る