こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

見つからなかった鍵

子ども部屋が汚いことは前にも触れましたが
もうほんとどれだけ片付けるように言ってもやらないし
思いっきりキレたとしてもやらないのでひどい状況です。

いつだったか深夜に2時間かけて片付けたのに
またもや盛大に散らかされてます。

これがデフォルト。

もう見るだけでイライラするので極力視界に入らないようにしてるけど
そういうわけにいかない事もあって溜息…

 
私が前深夜に一生懸命片付けた時はたくさんお礼を言われ、
「これからは出した物は次の物を出す前に片付けような」と言ったら
「うん!」と言ってたくせに何も変わらず全て出しっぱなし。

せめて学校関係のものくらいきっちりやってくれ。
手紙は出してくれ。

散らかりすぎると子どもたちも何をどうしていいのかわからなくなるのが現状なので
いくら片付けろと言ったところでどうにもなりません。
だからその都度出したものを片付けたらラクだと散々言ってるのに…

 
そしてまた2時間かけて片付けました。

今回はお昼過ぎにやったのですが、エアコンが壊れてるので汗だく。
でもやっと掃除機かけれた!

 

呆れるくらいいろんな物が出てきました。

・大量のお手紙
・大量のテスト
・大量の宿題プリント(やってないものも多い)

お手紙は懇談の日程希望のものまでありました。
それ、返事せなあかんやつやん!
そりゃ先生から電話がかかってくるわ…
そしてなぜ引き出しに仕舞い込む!

 
あとは…

・使用済みパンツ
・使用済み靴下
・使用済みタオル
・使用済み制服
・使用済みハンカチ
・使用済みマスク

が出てきました。

衛生面で無理!
洗濯物ぐらい出せ!

そして、おもちゃ箱から学校用のハサミや色鉛筆や糊、
大量の鉛筆に赤鉛筆まで出てきました。

 
正直片付けを始めた時は大人の私ですらどこから手を付けていいのか茫然としたので
これを子どもたちに任せるのは無理だと改めて思いました。
写真には写ってないけど左のおもちゃエリアも全部ひっくり返ってるし。

でもがんばってキレイにしてもどうせ徐々に散らかされて来週には元通りだと思うので
片付けるのもむなしくなる…

 
実は重い腰を上げて片付けた最大の理由はユッチの鍵でした。

見つからないまま1ヶ月以上経過してるユッチの鍵。
鍵がないと不便なので見つける気満々だったけど結局発見できず。
おもちゃ箱に紛れてたりするんだろうと軽く思ってたのに…

おもちゃ箱も学校関係の収納場所もすべて整理したのに
これだけ探して見つからないという事は外で落としてきたという事か。
かんべんしてほしい。

 
という事で、しゃーないので今日の帰りに新しい鍵を作りに行ってきました。

失くしたほうの鍵もこんな感じでどこかに繋げれるようにしてたんですけどね…
必ずどこかに繋げるよう約束もしてたし。

でも守ってくれないんですよねぇ。

大事にしてくれるかな~と思ってユッチが気に入るようかわいらしくしてるけど
まったくもって無意味です。

 

そういえばさっきユッチに時間割が見当たらんと言われました。
どさくさに紛れて捨ててしまったかな…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

3 × 3 =

ページの上に戻る