こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

「ビッグより大きいサイズ」の落とし穴

少し前、ユッチの夜のオムツを「ビッグより大きいサイズ」に変えたと書きましたが、
思いもよらぬ落とし穴がありました。

金曜日夜中、私がかぶってたタオルケットが冷たくて目が覚めたのですが
ユッチのおしっこで広範囲がびしょびしょになってました。

 
ここまでの被害はひさしぶり。

でも何で?
オムツをはいてるのにここまで濡れる?

と、不思議に思ってたら、
吸い切れずに漏れたのではなくオムツと体の隙間から漏れたらしい。

まじか。
これは盲点だったな…

 
ムチムチだったユッチは年長さんの頃からシュッとしてきたのですが
最近は更に細くなって今ではもう細身の部類に入ります。

現在8歳1ヶ月、22キロ。

もうちょい肉を付けたほうがいいよな…と気になり始めてるくらいです。
特別痩せてるわけじゃないけど、元々が細身タイプじゃなかったので…

 
そんなわけで、どうやら寝てる時の体勢によっては隙間ができてしまうらしい。

「ビッグより大きいサイズ」は13~25kgと記載されてますが
問題は体重ではなく太ももまわりのサイズやお尻の大きさです。

サイズはビッグがちょうどいいけど、給水量的にはそれより上が理想。
むずかしいなぁ。
これだけ広範囲を濡らされるなんてやはり夜間の尿量が通常より多そう。

 
そういえばコムギが小さかった頃もオムツで悩んだ事を思い出しました。

当時はSサイズがテープタイプしかなかったので仕方なくMサイズを使ってたけど
お尻が小さくて足が細いコムギはおしっこの重みでよくズレてました。

なつかしい。
今はSサイズもパンツタイプがあるので求める声が多数あったんだろうと思います。
うちもあの時欲しかった!

そして今は給水量の多いビッグサイズが欲しいです…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

ten + 8 =

ページの上に戻る