こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

抜けた乳歯の扱い

年長さんユッチ、少し前から下の前歯がグラついてます。

下の子なのでまだまだ小さいイメージだったけど
もう永久歯が生え始める時期なのか~としみじみします。
子供の成長は早い。

 
ところで。

歯の生え変わりで疑問に思うのですが
みなさん抜けた乳歯はどうしてるんでしょうか。

私の幼少期は一戸建て住まいだったので屋根に向かって投げたりしてたけど
今はマンション住まいなのでそういうわけにはいきません。

上に投げて余所のベランダに入ってしまったら迷惑でしかないと思うし
ベランダに見覚えのない歯が落ちてたら怖すぎる。
ホラーでしかない…

そもそも迷信の類は信じてないので
下の歯だから屋根に投げるというのも意味がわかりません。

 
かと言って捨てるのもなぁ…

 
という事で、とりあえず保存する方向になって
コムギの時から抜けた乳歯は専用のケースで保管しています。

でも歯は人間の体の一部。
保存するならちゃんとした素材じゃないとマズイ気がするので
桐で出来た商品に入れてます。

 
コムギ用は2年前に購入したものですが
今回新たにユッチ用を購入しました。

同じ柄だと紛らわしいのでユッチのは星柄に。

ちなみに配達事故にあった物はこれでした。

 
乳歯の保管に関しては軽く調べてみたけど賛否両論あるみたいですね。
歯を保管する事を「気持ち悪い」「グロい」と感じる方も多いみたいで。

たしかに自分の歯だと考えるとわからなくもない。
取って置いてもらってもまったくうれしくないかも…と思うのが正直な気持ちです。

ただ、私の幼少期は乳歯を保管するという概念自体なかったように思うので
時代の違いというのもあるとは思います。

 
何より、親としては我が子の成長の証である乳歯を捨てるのは忍びない…

 
子供たちは今のところ歯を保管する事を無邪気に喜んでますが
大きくなったら嫌がる時期がくるかもしれない。

どちらの気持ちもわかるので
処分に関しては子供たちが希望したら考える事にします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

eight − 5 =

ページの上に戻る