こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

体操教室体験

土曜日はユッチを体操クラブの体験に連れて行ってきました。

ユッチは小さい頃からサルのような感じだったので
(うんてい、鉄棒、ジャングルジム等が好きで動きがサルっぽい)
体操とか向いてるだろうな~と思ってたけど
まぁ、月謝は安くないし…と放置してました。

でもコムギのバスケの時に「もっと早く行動してあげたらよかった」と後悔したので
ユッチにも一度体験してもらおうと思ったのが経緯。

 
いざ行ってみると、ビルの中にあるのに本格的でびっくりしました。
子どもの習い事の域を超えた本格的なクラスもあり、
オリンピック選手のコーチをしてた人もいるらしい。

テレビでしか見た事がないようなつり革みたいなやつとか
でっかい平均台みたいなやつとか…

逆上がりが出来ない児童から
レオタードを着て本格的にやってる人までいろいろで新鮮でした。
(私は一度も体操に興味を持ったことがない人間です)

 
ユッチが体験したのは小学生の中で一番下のクラス。
(未就学児用のもっと下のクラスもあります)

レベルに応じて進んでいくらしく、
未就学児でもできる子は上のクラスに入ってました。
テストとかもあるらしい。

 
最初は緊張してたユッチだったけど、途中からは真剣な顔をしてました。

メニューは前転、後転、側転、跳び箱、鉄棒。
(毎月変わるらしいです)
ひとつ何かをする毎にポーズを取ったりもします。

ユッチは一般的なやつは一通りこなせるけど
全部一般的なやつとは違ってびっくりでした。

 
跳び箱で「えええっ!」となったのですが、
横向きに置かれてるので不思議に思ってたら
手を付いて飛び越える通常のやつではなく
手を付いて頭を付いて回転して飛び越えるという…

想像の斜め上すぎて言葉が…
横向きに置かれてたのはそういうことか。

ユッチは普通に飛ぶことはできるけどこれは全然無理。
先生が支えながら細かく教えてくれてたけど
体験でもここまで丁寧に指導してくれるのか。

 
鉄棒もユッチは逆上がりは得意だけどそういう次元じゃなかったです。

もちろん逆上がりが出来ない子もいるので個々に合わせてくれるけど
鉄棒に乗っかった状態での逆上がり。
ユッチは惜しい感じではあるもののこれも出来ず。

テレビで体操選手が手に粉をつけてる場面を見たことがあるけど
ここでは子どもも全員粉を付けてました。

あんなのテレビでしか見た事ないけど、あれは一体何の粉なんだろう。
滑らないように使用するもんなんだろうけど。

ユッチより私がいろいろびっくりしてたような気がします。

 
体験を終えたユッチに感想を聞くと「やりたい!」と即答でした。
コムギの時同様そうなるだろうとは思ってましたが。

所々笑顔を向けてきてたものの、基本真剣な目線だったユッチ。
こんなユッチは普段見る事ができません。

元々やりたがる事は想定済みだったので、
春休みの短期教室の申し込み→入会、の流れでいく予定でした。

短期教室は料金がかかるけど、これに参加してから入会すると
入会金無料(キャッシュバックという扱いだったかも)、
指定ユニフォームプレゼント、翌月の月会費が半額という特典があるのです。

入会金の事を考えると実質短期教室は無料だし指定ユニフォームももらえる仕組み。

 
その前に興味を持つのかどうかを見極めたくて体験を申し込んでみたけど
予想通りの結果となりました。

別に選手になってくれとは思ってませんが
ユッチは体を動かすことが大好きなので
打ち込めるもののひとつになったらいいな、と思います。

 
今回は通ってる人に連絡して紹介という形にしたのですが、
そこの息子くん(小3)がキレイにバク転しまくっててびっくりしました。

1度や2度じゃない、バク転で端から端までいく感じ。
しかもフォームがすごくキレイ。

こんなのが出来るようになったら楽しいだろうしかっこいいよなーと思ったけど
ユッチは特に興味がないようで鉄棒がやりたいそうです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

eight − 5 =

ページの上に戻る