こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

新4年生たちのケンカ

昨日の指導員さんとの話(ユッチ、ボタンをちぎったおじーちゃん指導員さんとコムギ)が終わってしばらくすると
コムギとユッチがやっと降りて来ました。

ほんっとに毎日毎日用意が遅い!
私より後にお迎えに来た人たちがどんどん先に帰っていくという事がしょっちゅうあります。

 
そして降りて来たコムギが友達とケンカをしてケガをしたと言ってきました。
場所は顔の左側で引っかき傷が3~4箇所。

えええ。
さっき指導員さんと話してたのにそんな事は言ってなかったけど?!

と言うと、運動場での出来事で若い指導員さんしかいなかったそうな。
メガネのレンズも1cm程度だけど傷が付きました。

 
理由を聞くと同じ学年の子4人程がかかわってて
内容はよくあるような子供らしいケンカ。

サッカーをしてたところ、男子1が「つまらん!もうやらん!」と言い出し、
それにハラを立てた男子2が男子1と取っ組み合いになり、
止めに入った男子3が男子1と取っ組み合いになり、
それを止めに入ったコムギが男子1とやりあったらしい。

その時に顔を掴まれて傷が出来、帽子とメガネが飛んだそうです。

メガネが飛んでしまったことでお互い我に返ったのか、ケンカはそこで終了。
ちなみにコムギも足を蹴ったとの事です。

 
コムギが突発的にキレたとかじゃなくてよかった…

蹴ったのはよくないけど、めっちゃ男子っぽいやつやん。
これがいわゆる「お互い様なので」と言える揉め事なんでしょうか。
今まで何度か謝罪をしてきて「お互い様なので」と言っていただいた事はあるけど
「コムギが悪質であってお互い様とは言えないんです」というのが大半だったので…

男子たちはこの後も特に尾を引いてなかったそうなので
何だか微笑ましいとすら思ってしまいました。

今までコムギが手を出したケースはタチのわるいものばかりだったので
「普通のケンカ」というのが不思議…
先に手を出してないのも率先してキレてないのもかなりめずらしい。

 
ただ、指導員さんには少しモヤモヤしたのが正直なところ…

若い指導員さんがこの件を見てたそうですが、
メガネと顔に傷が入る状況でほぼ放置というのはいかがなものかと。

別に相手の子に対して何か言いたいとかは一切ないです。
普段から仲良くしてくれてる子だし、悪い子じゃない事も悪質じゃない事もわかってます。

でもやっぱり顔はあかん。
その場での指導くらいはしてほしかった。
原因がその場で治めていい程度の事で後でグダグダ言う事でもないので
尚更その場で注意すべきことはしてスッキリ終わらせてほしかった。

 
メガネもコムギ自身の扱いが悪いのでキレイな状態じゃなく傷もあります。
でもだからといってどうなってもいいわけじゃないし、
レンズの傷は一度付くと取れないもの。
高価なものでもあります。

私から相手に対してどうこう言いたいというのは一切ないです。
でもその場にいて状況を知ってるんだから言い聞かせるくらいはしようよ…と。

それにトップの指導員さんに伝わってないのは確実だったので
報連相というものはないのか!…とも思ってしまいました。
トップの指導員さんが知ってたらお互いの親に連絡がいく案件だと思うし。
(しつこいけど相手に連絡してほしいという意味ではありません)

 
まぁ、こんなもんですよね。
「いきいき」は他の地区の学童に比べるとかなり安いです。
年間500円なので。

加えて親の仕事の有無に関係なく利用できるのでうらやましがられる事もあるけど
他の学校の話を聞いていても質はよくないな、と思う事が多いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

20 + eleven =

ページの上に戻る