こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

チャレンジタッチ入会

これまで子どもたちの勉強はあまり心配してこなかったけど
初めてどうにかせねば…となったこの3月。

きっかけはユッチの学力経年調査ですが
コムギもじんわり成績が落ちてきているので気になっていました。

高学年になると学習内容も難しくなってくるのに
宿題も復習も何もやらんコムギが授業だけでついていくのはそろそろ厳しそうだな、と。

現状では、国語・算数・社会は平均前後。
英語は平均より少し上で、理科は20点以上上、という状態ですが
もともとは全体的にもう少し良かったので徐々に落ちてきている感じです。

 
でも、二人ともこれまで学習面での問題は指摘されたことがなかったし
私も子どもに勉強をさせたいと思うタイプの親じゃないので学習系の習い事に関しては無知です。

「勉強しなさい」と一度も言ったこともなければ今の教育事情もまったく知らないので
教育熱心なママさんから見たら「あんたそれでも親なの?」って思われそうなほどです。

 
で、学力経年調査の投稿で書いたように
ユッチの性格とうちの金銭事情からタブレット学習を検討したわけですが
タブレット学習といってもいろいろありますよね。

いろいろ調べてスマイルゼミとチャレンジタッチで悩んだのですが
結局先ほどチャレンジタッチを2人分申し込みました。

 
どちらかが悪いというわけでもなく、どちらかに決定打があったわけでもありません。
まわりでどちらもやっている子がいるので話を聞いてみたけど、どちらも不満は出てこなかったし
私自身性格がいい加減なのでもう最後は「どっちでもいいや」と…

最終的にチャレンジタッチに決めた理由ですが、
ホームページ上で細かく説明していて内容がわかりやすかったことと
友達からの紹介特典があったことです。

紹介特典自体は特に興味がないものの
チャレンジタッチに気持ちが傾いていたので、それならお互いメリットがある方を~みたいな。
企業の戦略に引っかかったとも言えますが。

 
年間払いにするとお得だけど、やってみないことには続くかもわからないので
ひとまず半年払いにしました。
合わなかったとしても半年はがんばってもらうつもり。

タブレット破損等のサポートはもちろん付けています。
ユッチが使用するものにサポートなしは考えられん。

 
タブレットは3色あるのですが、子どもたちに希望を聞く為に「水色とー、黄緑とー」と言った段階で
ユッチから「ハッピーピンク!」と返答がありました。

タブレットの色の名称まで知ってたんかい。
子ども同士のネットワークってすごいな。
(HPの画面は一度も見せたことがありません)

コムギは黄緑を選んだけど、そもそもタブレット学習にあまり興味を持っていません。
ユッチと違ってコムギは塾のほうが向いてるような気がしていますが、
とりあえず半年続けてみようと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

10 − seven =

ページの上に戻る