こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

「刺すぞ」

最近子どもたちのケンカが多いのですが、
金曜日も朝からギャーギャーやりあっててうんざりでした。

発端がしょうもなすぎるし、どっちもどっち。

言われた事が気にくわないだの、言った言わないだの
「自分が合ってる!そっちが間違ってる!」系だの…

 
でも一番多いのはユッチのちょっかい。

すれ違い様にニヘニヘしながら体に触れてきたり
食事中にチョイチョイと突いてきたり、足の先でそ~っと触れてきたり。

コムギはこういうのが大嫌いで一瞬でブチ切れるので
ユッチは何度も痛い目に遭ってるというのに何で学習しないんだろう。

痛い目に遭っても堪えないんだろうね…
ユッチ本人はニヤニヤして楽しんでる感じです。

 
ユッチのちょっかいに関しては私も見ててすごく不快です。
ユッチには不快である事も相手が嫌がってる事も何度も説明してるけど改善しないのは何なのか。

コムギにも「相手にするから喜ぶねんで。反応せーへんかったらおもしろくないからそのうち止めるで。スルーしたほうが賢いわ」と言ってますが
「イライラしてガマンできへんねん!無理!!!!」と震えながら言うし、どうしたものか。

ちなみにこのちょっかいは私に対しても時々やります。
怒らず「気分悪い」「うざい」「そういうのおもんないから嫌い」と冷静に伝えますが、これも完全無視のほうがいいのかなぁ。

 
何気にちょっかいをやめられない子について軽く検索してみたのですが
たくさん出てくる「発達障害」「ADHD」の文字。

ADHDの子に多いのか、これ。
いや、何となく知ってたけど…

ちょっかい自体が悪いとは言わないけど、
幼児ならともかく3年生にもなって相手がキレたり嫌がってるのに繰り返すのは普通じゃないもんね。

 
で、ここまでは前置きなんですが
金曜朝のケンカでコムギが「刺すぞ!」と発言する場面があり
「は?刺す?!何物騒な事言ってるねん!」とびっくりしてコムギに怒る出来事がありました。

刺す=刃物で刺す=殺す

私の中では上記のようなイメージがあるので
「刺すぞ」という言葉は「殺すぞ」と同等の言葉だと思ってます。

現段階では本気でそんな事をしないのはわかってるけど
ただの勢いであっても脅しであってもそんな言葉は使ってほしくないのでまぁまぁ厳しく注意しました。

 
私の中では「何てこと言うねん!」という感じだったのですが
散々注意した後、ふと目に入ったのは画鋲。

え?刺すって画鋲だったのか…

いや、画鋲もあかんけども…
でも何ていうかホッとしました。

コムギは突発的にキレて手が出る事はあるけど、
武器を持って攻撃するような事はないので、言葉で「やるぞ」と言ってるうちは大丈夫です。
手が出る時は言葉より先なので。

一見相性が悪そうな2人ですが、仲が良い時はほんとに仲が良いです。
兄弟姉妹とはそういうものだと思いますが、何分極端すぎる…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

1 × 4 =

ページの上に戻る