こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ケツアゴ

普段子どもたちには人の見た目(外見)の事は口にするなと教えてます。

特にコムギはそういうのがわからないので
病気や障害で見た目に特徴がある人がテレビに出てると
今でも「コワイ」とか「気持ち悪い」と騒ぎ立てたりします。

実際はそういった方と会う機会がないので
人を傷つけるような事にはいたってないものの
アスペ特有なのか、言っていい事と悪い事が判断できなかったりします。
(これは60を過ぎた私の母にも言える事で何度か冷や汗をかいてます)

なので、うちでは「良い事も悪い事も外見の事は言わない」で徹底しています。

 
で、先ほど子どもたちも一緒にアニメを見てたのですが
見事と言えるほどすっごいケツアゴのオッサンキャラが出てきました。

絵なので大げさと言えるほどのケツアゴだったのですが
見事すぎて「うっわ、すっげーケツアゴ」と思うと同時に

ケツアゴ…

と思わず口から出てしまいました。

 
いくらアニメとはいえ、人の外見の事は口にするなと教えてる親からの発言。
でも「しまった」と思うと同時に「え?!」と。

かぶったんです。

私が「ケツアゴ」と発言すると同時にコムギも「ケツアゴ…」と呟いてました。
はもってたと言ってもいいほど同時に。

バカにするとか気持ち悪がるとかではなく
思わず呟いてしまった感じまでかぶってました。

心の中で笑いが止まらん…
そこかぶる?

 
ちなみにそんな子どもたちもケツアゴです。
元旦那がケツアゴなんですが、優勢遺伝だそうですね。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

12 − one =

ページの上に戻る