こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

小さくても中学生男子

数週間前の話ですが、休日コムギが20時過ぎても帰ってこないことがありました。

基本不登校で引きこもりのコムギですが、
ゲームを通じて友達やネット上で知り合った人とやり取りをしてるので
引きこもってる割には孤立はしていません。

最近は時々友達と電車に乗って遊びに行ったりもします。

 
行き先は主に郊外の大きな公園ですが、
これはこの子たちの趣味なのか都会育ち故なのか…

私は南大阪の郊外育ちなので友達と電車で出かけるとなれば都会方面のみでした。
敢えて田舎に行く事なんてなかったなぁ。

 
うちの小学校は子どもだけで校区外に行ってはいけないというルールがあったけど
中学校はもちろんそんなルールはありません。

ていうか、都会の小学校の校区なんて激狭…
唯一校区外で許されてるのはギリギリ校区外の図書館のみ。
そこもチャリンコならほんの2~3分…

わずか1キロしか離れてなかった保育園なんて隣の隣の校区だったしねぇ。
私が小学生の頃は片道2キロくらいあったような気がします。

 
話が反れましたが、この日もコムギは友達と電車でお出かけをしていました。

19時を過ぎても帰ってこないし連絡もなく、
そもそもコムギのスマホはリビングのソファに置かれたままでした。

携帯の意味よ…
携帯するから携帯なんやろ、と。

 
20時を過ぎるとさすがに心配になったので
一緒に行動してると思われる友達の家に行ってみたけど不在でした。
(同じマンションです)

友達だけが帰宅してるなら焦ってたと思うけど、
どっちもいないということは一緒に行動してると思われるので少し安心したけど
やっぱり連絡がつかないというのは心配になります。

まぁ、ユッチだったらもっと焦ってると思いますが…
一応女子なので。
(今の時代女子とか男子とか関係ないかもしれないけど、やはり女子のほうがリスクが高いと思っています)

 
そして心配になって数十分後、コムギはご機嫌で帰ってきました。

話を聞くと近所の王将で友達数人とごはんを食べてたらしい。
連絡してこいよ!!!!

 
コムギは今13歳だけど、身長140cmで体重も30キロちょい。
同年代と比べるとかなり小さいです。
声変わりもしてなければヒゲも生えていません。
でも一緒にいた友達は170cmを余裕で超えてて声変わりもしています。

二人でいて親子に間違われたこともあるとか。

 
こんなコムギなのでまだまだ子どもだという感覚だけど
もう友達と外でご飯を食べるような年齢なんですねぇ。

不登校でほぼ引きこもりの生活をしているのもあって
中学生なんだという感覚もあまりないけど
こうやって親から離れて大人になっていくんだなぁと実感した出来事でした。

ま、連絡してくれたら休日の20時帰宅くらいは許す。
とりあえずスマホは持ち歩いてくれ、です。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

four × five =

ページの上に戻る