こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ユッチの家出騒動

※10月5日(水)に書いた記事です。

 
昨日、私はユッチの日頃の行動に我慢の限界がきておりました。

放課後デイのお迎え時、「いきいき」にいないといけないはずなのに勝手に下校すること数回。
学校の近くにいて送迎車到着数分後には校門前に行くものの
放課後デイの送迎というのは各地まわって数人を拾ってるので他の利用者に迷惑がかかります。

それにその都度私の携帯にスタッフさんから電話があるので仕事も中断しないといけなくなります。
スタッフさんから電話があった後は私からユッチに電話してまたスタッフさんに折り返して…
(社内でプライベートの電話はできないので毎回外に出ます。そして私の席は一番奥)

多方面に迷惑が掛かる事を何度説明しても勝手な行動を繰り返します。

 
そして区役所の登校支援。
これも約束の時間になっても起きない、インターホンに出ない、もしくは「やっぱり〇時に行く」等
わざわざ来てくれてるのに再度別の時間に来させたりします。

支援で来てくれてる人はもちろん他の予定や仕事もあるわけです。
ユッチの専属でもありません。
(無理矢理登校させる為の支援ではないので、来てもらってから「登校しない」という選択をするのはアリです。)

 
もう何ていうか、人を振り回すような迷惑を掛ける人って許せないんです。
やむを得ない事情で遅れるのは仕方ないと思いますよ。
もちろんその場合は連絡をするのがマナーですが。

ユッチはこれについて悪いともダメな事だとも自覚できていません。
何度も説明していますが、理解しようとせず反抗してきます。

ユッチはまだ子どもなので幸い今は優しくしてもらってます。
でも大人になればそうはいかないし、もうそれくらいはわからないといけない年齢。

 
聴覚からの情報に弱く、口頭で言えば反抗されるので
LINEで丁寧に文章で送ってみたけど既読スルー。
読んだのか読んでないのかすら不明です。

そして帰宅したらしたでリビングがぐっちゃぐちゃ。
食べ残しもゴミも使用した物も脱いだ服もすべて放置。
明らかに私が怒っていても説教した直後でも普通に「マミ~!」とか明るく話し掛けれる神経もナゾ。
(時々わざと変な呼び方をしてきます)

全部書いてられないくらい他にもいろいろありますが、
限界に達したのはシンクの大量の洗い物でした。

 
ユッチの希望で、家事をしたらその分報酬を与えるという制度を先々月から取り入れていて
何かやる度にホワイトボードに記入して月末に清算していました。

この大量の洗い物たちはユッチが自分でやると言った分です。
「今からやる」と言ってはやらずを繰り返し、前日から溜まっていました。

当番制じゃないのでやらないならやらないでいいのですが
やると言うのであればちゃんとやってほしい。

「ちょっと待って」とか「いついつやるから」と言いながらまったくやらず
洗いに行ったと思ったらキッチンの床に寝そべってYouTube見てるし、先に洗うよう言ったら逆切れ。

やるやらないだけの話ではなく、舐め腐った態度や調子に乗った態度にブチッ!

で、YouTubeを見ていたスマホを取り上げて床に投げ捨て
胸ぐらを掴んで怒鳴り散らしたら逆切れして足をドタドタ慣らしながら外に出ていってしまいました。

 
時間は21時20分頃。
ちなみに鍵もスマホもお金も持っていません。

どうせ友達のとこにでも行くんだろうと思ったけど
心当たりのある友達に連絡しても「来てない」と言われたまま20分経過…

めちゃくちゃハラが立ってました。当分会いたくないと思うくらい。
でも一応女子だし何かあったら…という心配もある。

最近子どもが行方不明になる事件(事故?)も多いし
子どもを亡くした親も「まさか自分の子が…」って思ったに違いない。
だからと言って、今帰ってきても「よかった」って本人には言ってあげられないほど怒りの感情もある。

 
でももうすぐ22時。さすがに小学生女子がウロウロしていい時間じゃない。
周辺に川や水路はひとつもないのでそういった事故は絶対ないし
わりと人通りの多い地域で身を隠せるような自然も一切ないので連れ去りも考えにくいけど
家出少女が男に声を掛けられてホイホイついていくケースは考えられる。

特にユッチは性的被害についての知識がないし
(話はしてるけどいまいち理解してない様子)
ADHDのせいか後先をまったく考えられない子なので一番懸念される事です。
お金も持ってないしね…

 
取返しのつかない事になる不安と、処理できない怒りの感情。
心配で帰ってきてほしい気持ちと、怒りで帰ってきてほしくない気持ち。

何かあったらどうしようと心配しながらも、無事帰ってきても何を言っていいのかわからない。

 
そうこうしているうちに21時50分になりました。

22時になって帰ってこなかったら警察に連絡しよう。
その前にマンションのエントランスや周辺だけ探そうと考えていたのですが、
結局そのまま22時を迎えました。

どうせ友達の家に行くだけだと思ったのにマジでどこに行ったんだろう。
とりあえず周辺を探しに行こう。

 
まずは子ども部屋にいたコムギに「ユッチ探してくる」と声を掛けて、すぐ横の玄関で靴を履こうとしたら
「ユッチここにおるで」と。

 
はい????

 
一度閉めた子ども部屋のドアをもう一度開けると
今度はユッチの声で「ユッチここ」と聞こえてきました。

声のほうを見るとロフトベッドの上にユッチが。

 
瞬間、安心より怒りでブチッときました。
心配と怒りが入り混じって複雑な気持ちだった中の拍子抜けする発見。

無言でリビングに引き返してこの家出騒ぎは終了しました。

 
どうやらコソッと帰ってきたようですね。
ユッチはドアの開け閉めが乱暴なので、帰ってきた音に気が付かなかったという事はソーッと開けたんでしょう。

発狂しそうなほどハラが立ってどうにもこうにも収まらず、
LINEで連絡してた人にだけ見つかった旨を伝えると
この日はさっさと安定剤と眠剤飲んで寝てやりました。

 
もう小学校5年生なので反抗的な態度自体は年齢的に仕方がないと流せます。
でもいい加減で不衛生な生活態度や嘘や「やるやる詐欺」からの逆切れはどうしても許せない。
あと他人を振り回すところも。

先日はコムギのお金を財布から盗んでいました。
(本人が認めていて一部返しています)
しかもコムギに聞くと3度目らしい。

私と旦那が金庫を使うようになったのでターゲットが変わったんでしょう。

 
どうしたらいいものやら。
とりあえずお手伝い報酬制度はこちらがストレスになるので廃止することにしました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

twenty − twenty =

ページの上に戻る