こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

土曜参観、5年生コムギ編

今日は土曜参観でした。

「合奏をするから絶対見に来て欲しい」とコムギから言われてたのですが
最初にやるのか最後にやるのかはわからないと言う。

で、しょっぱなからはやらんだろうと思って先にユッチの学年を見に行ったら
歌&合奏は一番最初だったらしく、ユッチの授業を数分見てから音楽室に行ったらもう演奏は終わりかけでした。

ほんの数十秒見れただけ…
たぶん30秒もなかったと思うし、何の曲かもわからないまま。

 
てか、音楽室の場所がほんとにわかりくい!
校内地図で場所は把握してたものの、行き方がわからなくて彷徨いました。

体育館→
音楽室→

という案内板があるのにその先には体育館しかないし
体育館横の階段を下りたらシャッターは閉まってるし、まじどこ?!

体育館で授業を見ていた他学年の知らないママさん3~4人に聞いたけど誰も知らなくて
「え、どこやろう?もしかして体育館突き抜けた向こう…?」という事で
体育の授業をしている横をこそこそと走り抜けて反対側のドアを出たら音楽室がありました。

どんな構造やねん。
1階の運動場側に直接音楽室に繋がる階段があるという事は授業参観が終わってから知りました…

 
コムギは木琴担当だったのですが、マメが出来る程練習してて
「絶対見てな!」と何度も言ってたのにちゃんと見れなくて残念な気持ちでいっぱい。
ユッチは後回しにして最初から音楽室に行けばよかった…

そんな後悔の気持ちで授業を眺めてたのですが
兄弟関係等で後から来たママさんたちも演奏が終わってたことにがっかりしてたら
1人のママさんがこそっと担任の先生にお願いしに行ってくれました。
(音楽は専門の先生がいるので担任の先生は児童のサポート的な役割でした)

そして最後にもう一度合奏をする事に。

授業が終わってから数人のママさんと先生にお礼を言ったのですが
最初の演奏時は保護者が2~3人しかいなかったので先生も残念に思ってたそうです。

もう見れないと思ってたのでうれしい。
今年は学芸会も中止だし、ほんとに見れてよかったです。

「土曜参観、3年生ユッチ編」に続きます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

twenty − one =

ページの上に戻る