こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

コムギの修学旅行と再びのコロナ

昨日と今日はコムギの修学旅行でした。

学校に朝7時10分集合だったのですが、
見送ってほしいと言われたのでがんばって早起きしました。
出発式も見てほしいと…

6年生男子って普通親には来てほしくないもんじゃないの?

 
夏の宿泊行事の時はバスだったので
みんながバスに乗り込むまで待ってお互い手を振って見送ったけど今回は電車でした。

小学校はまぁまぁな都会にある為地下鉄への入口は学校の門を出て10秒程度。
学校の壁に隣接してるくらいの位置です。

6年生達が門を出てからママたちがゾロゾロついて出たけど
すでに地下に消えていました…

近すぎるのも善し悪し。
まぁ、先生は通勤ラクだと思いますが。

 
そして今日は修学旅行2日目だったのですが、
学校からのメール配信でまた児童にコロナ感染者が出たと届きました。

コロナピーク時は何もなかったのに今更また出たかー。
もう特に動じないですよね。

子どもたちも危機感がなく、13時台に下校したユッチに電話をすると
友達複数人と集まって公共施設で遊んでいました。

いや………

突っ込みたいけどもうめんどくさい。

 
結局今回も夕方に「消毒作業したし濃厚接触者はいないから明日から通常授業でー」みたいなメール配信がありました。
濃厚接触者の定義って何なんでしょうね。
(前に感染者と会ってもないのに濃厚接触者認定された事を根に持っています)

 

コロナに関してはいろいろあったのでしんどい思い出しかないですが、
気を取り直してコムギのおみやげコーナー!

持っていけるおこずかいは上限3000円。
うちはMAXで持たせました。

修学旅行のしおりにいい事書いてました。

まじそれよ。

 

「はい!おかーさんの!」

 

「はい、ユッチの!」

 

「で、オレの!」

 

え…
ジンベイザメオンリー?

まさかのジンベイザメ3匹

 
子どもって想像すらつかない事をしてくれるのでおもしろい。

別家庭へのおみやげなら同じ物を買う事は普通にあると思うけど同じ家庭内ですよ…
どれが誰のジンベイザメかわからんくなるやんか。

でもかわいいからいいか。
コムギは6年生だけどぬいぐるみが大好きです。
ブログに書いたと言ったら100%怒られますが、いまだにぬいぐるみを抱っこして寝ます。

たかが500円のぬいぐるみだけどうれしいです。
私が死んだ時は棺に入れてほしいかも。

 
宿舎と水族館では同じぬいぐるみでも金額が違ったらしく
値段を比較する金銭感覚もついてきてるようで少し安心しました。

楽しく過ごせたようで何よりです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

「コムギの修学旅行と再びのコロナ」へのコメント

  1. 何気に、棺桶に入れて欲しいてとこ読んでウルッときたわ。‌
    うちの息子も小学校の修学旅行のお土産妹にペンギンのぬいぐるみ買ってきたわ。

  2. >マリリン

    いろいろ思うことはあるけど、きっとこのぬいぐるみだけは生涯大事にするんやろうなぁと思って…。‌

    ペンギンもかわいいなー。‌
    もう今は大人の仲間入りという年齢やけど‌
    私の中では息子くんは小さいイメージのままやから違う意味で複雑な気持ちやなぁ。

コメントをする

2 × three =

ページの上に戻る