こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

2学期個人懇談

数日前、子どもたちの個人懇談がありました。

二人とも成績ダウン。
特にコムギは大幅に下がってました。

前年度少し成績が下がったのをきっかけにチャレンジタッチを始めてマシになってたのにな。
成績にこだわりがあるわけではないですが、
さすがに今回の下がり具合はマズイと思ってます。
 

恒例の冬の遅刻やサボリの影響もあるかもしれませんが
一時期子ども達を放置しすぎた私のせいです。

指示をしないとチャレンジタッチをしないので声を掛ける必要がありますが
放置してた時期はあまり声をかけてなかったように思います。
(もちろん食事や洗濯等、生きる上で必要な事は最低限してましたが)

原因は2つありますが、その辺の事はブログに書こうかどうか迷っています。
「バカじゃねーの、こいつ」って自分で思うので…

 
成績以外の面は毎回言われる「宿題をやらない」と「忘れ物」。

何を言っても1年生の頃から直らないのでもう諦めています。
がんばってできないなら手伝うなりするけど
そうではなく「出来るのにやらない」なので指示や注意はするけど手伝ったりはしていません。

ただ、コムギは今学校にも行けてない時があるので
宿題は後回しにしてとりあえず学校に行く事、行かないにしても私からの電話には出る事を目標にしています。

本人も行かないといけないことはわかってるけど
「わかってるけどどうしても無理」となるらしく、私にも先生にもそれは話しています。

「自分でもよくわからないけど行けない」なので
先生もそこは厳しくせず優しく接してくれています。

ここで先生に厳しくされると一発でアウトなのでそこはほんとにありがたい。
担任になって3年目なのでややこしい事は理解してくれています。

 
話は変わって…
毎回運動面だけは褒められるユッチですが、
今回「文章力がめっちゃありますね」と言われました。

どちらかと言えば算数より国語なユッチですが
そんな風に言われたのは初めてです。

ケアレスミスが多いのがもったいないとは言われたけど
それはもう特性上仕方ないですね…

 
逆にコムギは相変わらず文章がニガテなところを指摘されました。
理解できないわけではなく、言語化できないだけのようですが
これは私も同じなので何とも言えません。

これはもうどうにかできる問題じゃないと思います。
私も同じですが、生まれ持ったものだと思っています。

 
忘れ物や宿題に関してはどうにもできないけど
親としてしないといけないことはきちんとしようと心から思いました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

ten − 9 =

ページの上に戻る