こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

再婚しました

かなり今更ですが、明けましておめでとうございます。
(もうそんな挨拶をする時期ではないですが…)
長らくブログを放置していましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 
批判的な意見しかないと思うのでブログに書くべきかどうか迷ってましたが、
先日再婚いたしました。

かなりのスピード婚です。
知り合って5ヶ月経っていません。

おまけに相手は大阪生まれの大阪育ちなんですが
国籍が異なる為、手続き系はまぁいろいろややこしいです。

日本語しかしゃべれないのに日本人じゃないから国際結婚ということになるらしいけど
どこからどう見てもただの大阪のオッサンなのに国際結婚…?へ?まじ?…と。

 
日本人同士の結婚の場合は通常婚姻届1枚で済みますが
(本籍地によっては戸籍謄本が必要ですが)
国際結婚の場合はパスポートやら独身証明やらその他いろいろ書類が必要でほんとにめんどくさいです。
そして相手に離婚歴があるので尚更ややこしい。
国籍が違っても日本生まれなので、本国生まれと日本生まれではまた書類が違ったり。

領事館で取得する書類もありますが、
当然日本語じゃないので翻訳した書類の添付が必要だったりもします。
そのへんは話し出すと長くなるのでまた別記事にしたいと思います。

 
国籍問題で最初私の母には「永住権を得るための結婚詐欺」だと疑われたりもしました。
何でそういう発想になるの…
ちなみに元から永住権は持っています。

ハラが立って母には在留カードの写真をアップでドヤッて送ったっけな…

手続き関係で区役所や領事館に行きましたが、
国籍問題って意外とややこしくて重いんだなぁと実感しました。

 
何にしても、知り合ってからそれほど期間も経ってないし、
ドン引きするような出会いだったので、まさかこんなことになるとは私自身1ミリも考えていませんでした。

それでもいろいろあって結局好きになってしまったのですが
一生恋愛なんてしないと思ってたので戸惑って不安定になって食べれなくなった時期もあったり…

一生一人で過ごすものだと思ってたし
この先恋愛なんて無縁だと心の奥底から思ってたのに
人生何が起こるのかなんてほんとにわからないと思いました。
こんなこともあるんですね。

ただ、短期間での結婚に当たってまわりの意見は厳しいです。
結婚云々だけじゃなく相手の条件に対しても。

 
今生活を共にしてなければ籍云々は考えてなかったかもしれないけど
すでに私の安易な判断で家に招き入れてしまっています。

相手方の事情もあって、うちに住民票を移している為
数ヶ月前に母子手当の廃止手続きもしています。

 
そもそも家に招き入れることになった理由は
私が子どもを放置して彼氏の家に行ってたことが大元なんですが
これに関しては出会いからすべてを共にしてた友達に怒られ、
彼氏も子どもたちに会わせてくれと何度も言ってた事から家に招待したのですが
実際子どもたちがなついて自然と過ごしていると
「帰る理由なくね?」みたいになってしまって…

ちなみに彼氏の家(実家)は徒歩数分の場所です。
 

子ども達の反応が微妙なら結婚は考えなかったと思うけど
2人とも打ち解けてるし、いてほしいと言うんですよね…
あの人見知り全開のコムギが最初から心を開いてるくらい。

まぁ、これに関してはいろいろな見解があると思いますが。

 
一度離婚を経験してるので人生において「絶対」というものはないと理解しています。
今後どうなるかはわかりません。

でも今一緒に生活をしていて自然体で過ごせている事、
音楽の好みが同じだという事、性格や振る舞いは正反対だけど感覚や考え方が一致してる事、
いろいろな面においてストレスなく過ごせていることは大きいです。

 
お互い酒癖が悪く、それもどちらも理解してるので批判しません。
「それはしゃーない」というスタンスなのでそれもラクに過ごせるひとつの要素です。
(酒癖が悪いと言ってもどちらも暴力とかは絶対ありませんが)

ありのままを受け入れてくれるというのはやっぱり大きい。

とは言え、先の事はわからないし別れることになるかもしれない。
でも42歳なので今更子どもを作るわけでもないし
もうバツ1でもバツ2でも変わらんやろうという気持ちもあります。

 
ただ、元旦那と離婚した時と違うのは私に最低限の収入があること。
やっぱり一人で子どもを養っていけるかどうかというのは大きいです。

もしうまくいかなくなってもこれまでの生活に戻るだけ。
元旦那との離婚の時は収入面の問題があったので
離婚するに当たって一番の問題点だったけど
今の彼氏に経済的に依存することはないので万が一うまくいかなくても離婚のハードルは前回よりかなり低いです。

と言いつつも、それは「もしも」を考えた時の心の予防線を張っているだけで
やっぱり今度こそ一生を添い遂げたいと思っています。

婚姻届を出すだけでも相当めんどくさかったので
そう簡単に離婚しようとも思えないですが…

 
ちなみに相手の年齢はひとつ下の41歳で離婚歴があって前妻さんとの間に子どももいます。
どちらも離婚して5~6年。
うちの子たちとの養子縁組はしていません。

そして国際結婚の場合、婚姻届を提出しても
「外国人との婚姻による氏の変更届」を出さない限り夫婦別姓になるらしいです。
日本人同士であれば現状は「結婚したらどちらかの姓になる」が普通ですが
国籍が違うと普通は夫婦別姓だそうで。

でも私は元旦那の姓を名乗ってます。
離婚したけど旧姓に戻していません。

でも旧姓に戻す気はないし、元旦那の姓がイヤなわけでもないけど
新たに一緒に過ごしたい人がいて籍を入れるのであれば今の姓を名乗るのは不自然だと思うので
変更届を出して姓を変えました。
家庭裁判所に行って子どもたちの姓も変更しました。
(旧姓に戻さず姓を変えたことでもう二度と旧姓には戻れなくなります)

 
明らかに外国籍の姓ですが、私自身抵抗は一切なく子どもたちも了承しています。
子どもたちはむしろ変えたいと。

小学校は通称で現在の姓を使用できるので、今年度いっぱいは今のままですが
来年度からは新しい名前に変わります。

 
こんな感じで数ヶ月の間で自分でもびっくりするような変化がありました。
子どもたちにイライラするだけの日々だったけど今は楽しく過ごしています。
子どもたちへの接し方にも余裕ができ、以前より親子間の関係も良くなっています。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

20 − 1 =

ページの上に戻る