こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ユッチ9歳の羞恥心

以前にも書いた事があるかもしれないですが、「恥ずかしい」という感情がいまいちないユッチ。
現在小学3年生の9歳ですが、通常はどんなもんなんでしょうか。

日頃からスカート(主に制服)の時は足を広げない、
恥ずかしい行為である事、マナー違反である事は常に伝えてきてたけど
まったくもって伝わりません。

夜にオムツを使用してる事も自ら普通に友達に言っちゃいます。

 
そしてこの前、
「今日片手側転してん~」とか「倒立前転して~」とか言われたので
「は?!学校で?制服やんな?パンツ丸見えちゃうの?」と聞いたら
「見えてるで」とフツーに返されました。

「今日はちゃんとレギンス履いてたん?」「え?履いてない」

いや、いやいやいや!

 
うちは小学校入学時からスカートの下にはレギンスを履くという事を教えてきました。
子どものパンツやお股を好む変態の大人がいる事も
連れ去られる可能性がある事も説明してきてます。
自分で自分を守らないといけない事も。

私もポンコツなので気付いた時しか声を掛けれてないけど
親も子もよく忘れてるのが実際のところです。

それで側転に倒立って。

 
どうやら「いきいき」での出来事のようなので
低学年~高学年の男女がいる空間で丸見え状態…

いやー、アカンやろ。

羞恥心の問題もあるけど、それ以前に見せられるほうが迷惑だと思う。
他人のパンツなんて見たくないと思うし、パンツの状態でお股パッカーンだし…
大人だったら公然わいせつに近いのでは。
倒立なんてチラッと見えるのではなくおっぴろげやん…

見せられるほうが迷惑だという話もしたけど伝わってる気がしません。

 
小学3年生の女子。
いろいろな子がいて大人びてる子から幼い子までいると思う。
パンツが見えても恥ずかしくない子もいるかもしれない。
でも自ら丸見えになる行動をする子はそんなにいないと思う…

私自身、この頃に恥ずかしいという感覚があったかどうかは覚えてないけど
見えるような行動はしなかったはず。
(私服でスカートは履かなかったけど、小学校は制服でした)

「してはいけない」という行為もなかなかやめられない上
羞恥心がないので尚更むずかしい…

初潮が来たら少しは変わるんだろうか。

保育園時代から「変わるんだろうか…」とずっと思いながらきたけどもう小学3年生。
このままだと「ユッちゃんオムツやねん♪」と修学旅行で披露しそうな気がします。

年長さんのお泊りでさえ隠されてる就寝時のオムツ事情ですが
ユッチが自ら暴露したことで「私も!」「ボクも!」と名乗り出る子がいて和んだ場面もあったそうですが
6年生になればさすがに誰もいないだろうし。
(コムギの年長のお泊り時はオムツ使用は頑として隠されてました)

 
さすがに6年生になれば…とは思ってるけど、
小学校入学時も「さすがに3年生になれば」と思ってたのでどうなるやら。

てか、今は9歳で細身なのでビッグサイズでいけてるけど
もうちょい大きくなったら介護用になるのでは…

いつの間にかおねしょの話になってしまいましたが、
おねしょは自分でコントロールできない事なので別にいいんです。

問題は羞恥心です。

人にパンツを見せない、一般的に恥ずかしいとされることは言わない。
おねしょももちろん治ってほしいけど、それよりまず「恥ずかしい」という感情を身に付けてほしいです。
身に付かないとしても「してはいけないことをしない」を覚えてほしい…

トイレすら流さない子には高望みかな。
(毎日言い続けて怒鳴りつけたりしても家のトイレは9割流しません)

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

four − 2 =

ページの上に戻る