こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

クリスマスはカニとイチゴ

年末年始のお休みの話を書いておいて順序がおかしいですが、
クリスマスの土日はうちの家族と母で実家の近くのホテルに行ってきました。

メインはカニ。

観光目的でもなくどこかに行くわけでもなく
チェックインの時間に行って風呂に入ってカニを食べるというのが目的でした。

 

実は昨年年末にも行ったのですが、その時は母と旦那は会った事がなく
更に結婚を反対されていたので旦那はお留守番でした。

現在この結婚に納得してるかどうかは別として
あれから何度か一緒にお出かけをしたり家を行き来してるので
旦那の事はおそらくキライではないのかな…と思っています。

「子どもが3人になったみたいやな」と言われたので
どうしようもないヤツと思ってるかもしれないけど。

 
当日はのんびりお風呂に入ってカニを食べただけでずっとホテルにいましたが、
翌日のクリスマスはサバーファームへ。

この日の2日前の実家は雪が積もったくらい寒かったけど
(一応大阪です)
この日はそれほど寒くもなく、できればコムギが大好きなみかん狩りがしたいなぁと思ってたけど
みかん狩りはなくイチゴのみでした。

 
「〇〇狩り」というのは基本制限時間内での食べ放題だと思いますが
正直大人からしたらそんなにイチゴなんて食えるもんじゃない。
ていうか、そもそもユッチはイチゴが苦手。
おまけに高い。

ということで、1パック分収穫できるタイプを選択しました。

 
正直大人3人は特にイチゴ狩りには興味がありません。
子どもたちを楽しませてあげよう、経験させてあげようという気持ちのみ。

でもビニールハウスに入った瞬間めっちゃいいにおいが!

暖かいし、いいにおいだし、他のお客さんは1組もいなくて貸し切り状態。
辺りを見渡すとおいしそうなイチゴが実ってて
子どもたちだけじゃなく大人もついつい良さげなイチゴを探してしまいました。

 
結局一番興味がなさそうだった旦那が一番楽しんでたという…
どうやらイチゴ狩りは人生初だったらしい。
「めっちゃおもろかったー」と子どものような反応をしておりました。

イチゴが嫌いなユッチですが、探すのは楽しかった模様。

こんなイチゴもありました。

ユッチは最初食べるのを渋ってたけど、
試しに練乳を買ってあげたらそれなりに気に入った様子で「おいしい」と食べていました。

大好きとまではいかなさそうだけど
そもそもイチゴをキライになった原因はおそらくケーキに乗ってる硬くてすっぱいイチゴ。
うちは普段果物を買わないので生のイチゴなんてあんまり食べた事がないように思います。

だって果物高いもん…

 
サバーファームにはこんなのがありました。

今年はウサギ年らしいですね。
ウサギ年はユッチの年。
あんなに幼いのに今年は12歳になるのかー。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

15 − seven =

ページの上に戻る