こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

制服の採寸に

今日はコムギの制服の採寸に行ってきました。

本来の採寸がある説明会の時にコムギ本人を連れて行けなかったので
直接業者のほうに行ったのですが
採寸というよりはジャケットと帽子を試着しただけの適当なものでした。

普段気にして見てなかったので実はどんな制服か知らなかった私。
実物を見た感想は「だっさーー」の一言でした。

紺色の何の特徴もない制服。
シルエットも何だかいけてない。

制服だけどカチッとした印象はあまりなく
胸元に入った校章もださい…
 

ちなみにコムギは「制服」という単語を知りませんでした。
「小学校に着て行く服が決められてて、どのサイズが合うか見に行くねん」と説明したら
「何色?」と聞かれたので「紺色かなぁ?(←それすら知らんかった)」と言ったら

「紺色ってな、黒と青を混ぜた色やねんで!」

と興奮気味に説明してくれました。
こういう風に話す時のコムギはすでに頭の中から本題(今回だと制服の話)は消え去っております。

どうやら制服にはあまり興味がない様子で
試着した時もめんどくさそうにしてました。
来月からそれを着て6年間通うんだよー。

 
サイズは120cmと130cmで悩んだけど、
130はあまりにも大きすぎてかっこわるいので120に。

120といっても、普段着てる服の120cmよりは大きい印象なので
一般的な120cmよりは大きいような気がします。

125cmがあったらなぁ…

と、ボソッと言ったらお店のおばちゃんに
「125はないわ」とそっけなく言われてしまいました。
わかってるよ。

 
そして黄色い通学帽は54cm。
私は頭が大きくて小1で56cmを被ってたのでコムギは標準?

中に着る白いシャツは何でもいいと言われたけど
探しに行くのもめんどくさいので一緒に注文しました。

「幼稚園で着てたやつでいいよ」って言われたけど
うちは保育所なので制服はありません…

で、夜に洗ったら朝には乾くよーと言われたけど
夜に洗濯するのはめんどくさいので2枚注文。
てか、低学年男子にシャツ1枚って無理があると思う。

 
そしてズボンは「上が120やからズボンも120でいっか~」と言われ
試着する事もなく120cmに決定。
コムギはお尻が小さくて足が細いので下は小さめでも履けるけど
ほんとに適当だなぁというのが感想でした。

全身制服を着た姿が見れると思ってたのでちょっと残念な気持ちはあるけど
ジャケットと帽子を被ってる姿を見たら小学生になった姿が少しだけ想像できました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

eighteen − sixteen =

ページの上に戻る