こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ユッチ発熱

先週木曜日の仕事中の夕方前、ユッチから電話がありました。
木曜なので体操教室の事かと思ったら「熱ある…」と。

は?

何度あるのか聞くと「38度」との返事。
38度だと「ちょっと体温高めだね~」で済ませられないよな。

時間的にはまだ「いきいき」にいるはずなのに帰宅してると言うので
「しんどかったん?」と聞くと「ぜんぜんしんどくない。(いきいきの)連絡帳持って行くの忘れたから帰ってきた」と。

「じゃあ何で熱測ったん?」と聞くと「ヒマやったから」と返ってきました。

 
ヒマだからって体温を測るとか意味がわからないけど
ユッチはコロナが流行る前から無意味に体温を測る事が多い子でした。

アホみたいに何度も測る事もあるので
「いざ必要になった時に電池切れるからやめて!」とこれまで何度も注意してきてます。
朝ではなく帰宅後や休日が多いので、学校をサボりたいが為の陰謀でもなさそう。

 
この日も特に理由はなく早く帰って来てヒマだったからということらしい。
しんどいという感覚はまったくなくいつも通りだと言うので
帰りに激しい動きをしたとか、たまたま体に熱が篭ってるだけでは?

実際そういうことはよくあります。
落ち着いてから測ったら平熱のパターン。

でも普通に考えたら38度は「平熱よりちょっと高め」の範疇を超えています。
いつもユッチの説明が的を得てなくてわかりづらいので
あれこれ聞きまくると喉が痛いと言い出しました。

風邪かな…?

 
てか、このご時世に発熱なんていろいろややこいな!
そういえばコロナが流行してからは初の発熱。
子どもたちも私もコロナ流行以降一度も風邪を引いていません。

今年の冬はまわりでインフルになった話を一度も聞かなかったし
これだけ長期間熱も出さないってそれはそれですごいなぁと今更思ったり。

やっぱりマスク、手洗い、うがいというのは大切なんですね。

 
同じ学年で休んでる子は1人と言うし、
ぜんぜん仲の良くない子なので接点もないし、
小学生なので行動範囲も限られてる為コロナ感染のリスクはかなり低いと思います。

てか、親に何を言われようが毎日ハダカ&オムツ一丁で寝てたらそりゃ風邪も引くわ…

 
そんな感じでコロナの心配はほとんどしていませんが
今学校では発熱や風邪症状があった後2日間は登校をしてはいけないことになっていて
出席停止として扱われるようです。

イコール翌日は自宅作業…

 
結局その日の夜に平熱に戻った上、喉も痛くないと言ってましたが
一応翌日(金曜日)は休ませました。

朝学校に電話をしたのですが、前日夜に発熱があった為欠席する旨を伝えたところ
「はーい、わかりました♪」な反応でした。

こんなご時世なのでいろいろ聞かれると思ったけど
現在熱があるのかどうかすら聞かれず…

そんなもんなんですね。

まぁ、小学生が熱を出すなんて珍しい事ではないのでいちいち聞かないか…
と思う気持ちはあるけど、そこまで大雑把だとは思わなかったなぁ。

 
そういえば同日自宅で仕事をしていたら会社からメールが着ていました。
ワクチン接種後に体調を崩す事例が多いので
日程が決まったら部課長に報告するように、と。

小人数の会社なので同時に欠勤するというのはいろいろ問題があるので
できるだけ接種時期をズラしてほしいんでしょう。

医療従事者のママ友(4つ程年上、40代半ば)が副作用で翌日38度の熱が出たという話も聞いてるし
高齢者より若年者のほうが副作用が出やすいという話も聞いたりします。

 
コロナは怖いです。
喘息持ちの40代。
今と違って喘息を予防するような世代じゃなかったので気管支はそれなりにダメージを受けてると思う。
(いわゆる気管支のリモデリング)

変異株がどうのこうので20代の持病がない人も亡くなってるくらいなので
リスクは低くないタイプだと思っています。

 
でもぶっちゃけワクチンも怖いのが本音。
そっちの分野は無知ですが、通常何年もかけて開発(?)治験(?)とかをやるものなんですよね?
それをこんな短期間で普通に承認されてて…

接種直後の副作用も気になりますが、
長期間に渡っての影響なんて現状では把握する術がないです。

コロナも怖いけどワクチンも怖い。
でも「受けるべき」な流れなのできっと順番がきたら受けると思います。

子どもたちは今のところ接種対象年齢ではないけど
ぶっちゃけ子どもたちには受けさせたくないと思うほどワクチンも怖いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

nine − 3 =

ページの上に戻る