こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ロフトベッド到着、必死の組み立て

入荷待ちだったロフトベッドが昨日届きました。

量がやばい。
130キロ以上の材料が5つのダンボールに分けられてたのですが
材質が木なのでひとつひとつ重いわ、家が狭いから置き場所に困るわ
作業スペースが少なくて困りました。

普段この部屋を占領している大量のおもちゃたちはすべて寝室に移動しています。
なので、尚更どこにもいけない材料たち。

 
こんなもん1人では組み立てられないと思ったので
当初は友達のだんなさんにお手伝いをお願いしていたのですが
入荷予定が1ヶ月早まった為まだ緊急事態宣言中だし…と1人でやってみることにしました。

無理だったらそのまま放置して後日お願いしよう、と。

 
途中「これムリやろ!」となった場面は数回あったのですが
負けず嫌いの性格が災いして結局意地で1人で組み立てました。
大型家具だとどうしても物理的に一人だと厳しい部分というのが出てきます。

現在体中筋肉痛です。
明日やばそう…と心配になるぐらい。

 
そんな感じで組み立てたベッドがこちらです。

まずはBefore。
相変わらず散らかってますね。
これでもかなりマシな方で散らかり具合はいつもの2割程度。

 
そしてAfter。

隠れてる手前の収納部分はこんな感じです。

 
イスと布団はまだありません。
先に購入しても置く場所がないのであえて買わずにいました。

イスに関しては、うちはピアノ用のイスが2つあるので
余ってて置き場所に困ってた1つを使用することにしました。
コムギが「これでいい」と言ったので。

布団は本日ネットで購入。
明後日あたりに届くかと思います。

あとテレビのケーブルや延長コードもキレイにしないとね…

昼間は気付かなかったけど、デスクにライトも必要です。
夜は暗すぎて「これじゃあかん」となるほどでした。

 
何とか組み立てたものの、どうしてもネジが嚙み合わずどうにもならない場所があり
もうドリルで穴を開けて手持ちのネジを打ち込んだりもしました。

とりあえず1人でやるもんじゃないです。
二度とやりたくないです。
ほんとに大変でした。

2m近くある板を水平に保って片側のネジを閉めるとかもう無理がありすぎます。
本来ならもう1人に固定してもらってやる部分ですが
全身を使ってすごい体勢をしながら強引にネジを閉めたり。

スペースがあれば余裕な部分もうちは間取りが特殊でズラせないので
脚立に乗って身を乗り出すしかなかったり…

普段自分を褒められるような部分なんてひとつもないけど
今回だけは「よくがんばった!」と思います。

大型家具の組み立ては電ドラと脚立が必須です。

 
大変だったけど、子どもたちはかなり喜んでいます。
子ども部屋から出てこない上、布団もないベッドにダンボールと毛布を敷いて寝ると言って聞かないのでもう好きにさせています。

これだけ喜んでくれるならがんばった甲斐があるなぁと思うけど
冷静に眺めると、エアコンが故障した時の工事とかどうするんだろう…と思ったり。

部屋の形が特殊で四角形じゃないので
このベッドをズラしても十分な作業スペースはできない気がする…
まぁ、今は考えないでおこう。

 
ネジの量がやばかったです。
これを見た時最初はやる気をなくしてしまいました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

「ロフトベッド到着、必死の組み立て」へのコメント

  1. めちゃくちゃわかるよ長い板がいうこときかへんのとか、その大変さ!(笑)‌
    私が組み立てた2段ベッドは最高上下うらかえさなあかんくて、一台目はまだスペースあるから横に倒してひっくり返したけど、2台目はスペースなくて縦して倒しかけて向こう側に走り受け止めて裏返すという、何者や自分てなったよ(笑)‌
    説明書にも1人バツ2人以上でと書かれてたけど仕方ないよな(笑)

  2. >マリリン

    長い板!ほんま大変よな。‌
    説明書には「必ず2人で~」って書かれてたわ…‌
    おらんもんはしゃーない(笑)‌

    収納部分も背板をスライドして入れる部分があったんやけど‌
    高さ×2のスペースなんてないから斜めにして浮かして縦を利用するしかなかったよ。‌
    こうやってたくましくなっていくんやね。

コメントをする

18 − 15 =

ページの上に戻る