こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

再び、カブトムシの脱走

昨日、子どもたちが「カブトムシ脱走してる!」と言ってきました。

3週間ほど前に脱走事件があったので「は?また?!!!」です。
あの時はフタが上にある虫カゴから脱走できるという認識が弱かったので
仕方がなかったという気持ちでした。

でもあれ以来「絶対上に何か乗せるように!」と何度も言ってきたよね?!

 
虫が家の中で脱走なんて私にとってはパニック寸前の出来事です。
「虫かごの上に物乗せてたん?!」と確認を取れば「乗せてた!」と言うし
その時点ではたしかに水の入った霧吹きが乗ってる…

いや、でもこの状態なら絶対脱走できないよね?
触った時に間違って違う虫かごに入れてしまったんちゃう?

実際そういう事もありました。

 
でも全部で5匹いるはずなので数えてみ~と言ってもやはり足りない。
本当に脱走してるのであれば虫かごに物を乗せてたというのは嘘という事になります。
何か乗せていたのであればカブトムシが脱走するのは物理的に不可能なはず。

この時は「どうせ見つけられないだけで違う虫かごに入れたんやろ」と思ってました。
カブトムシは土に潜ったりするので見つけられない事もあるだろうと。

 
でも「虫カゴの上に物を乗せてた」が嘘であれば脱走は有り得る話。

子どもたちの様子を見る限り脱走した疑いが強い…
たぶん怒られるのがイヤで白状しなかっただけで
虫カゴのフタには何も乗せてなかったんだろうと思います。

 
信じたくはなかったけど、万が一を考えて足元をよく見て行動するように言いつけ、
夜は廊下の電気をつけて昆虫ゼリーを置いておびきだす作戦に出ました。

子ども部屋は足の踏み場もないほど散らかってるので
迂闊に動けば踏みつぶしてしまう可能性もあるし。

 
そして子どもたちが寝静まった夜。

つい先ほどの話でもありますが、メガネを外した状態で洗面所にいくと
排水溝に何やら黒い物体がある事に気付きました。

私の視力は0.1以下なのでただぼやけてるだけで
「ん?何?土?」といった感じでした。

お風呂から出た時はなかったので違和感しかない。
焦って近くで見るとカブトムシっ!!

しかも水道を使ったせいでびしょ濡れ!!
うごめいてる…

 
半信半疑だったけどほんとに脱走してたようです。
触ろうと思えば触れるものの、焦ってコムギを叩き起こしてしまいました。

事情を説明してもなかなか反応がなかったので
眠りが深いところを無理矢理起こされた形だったと思いますが
無事カブトムシは虫カゴに戻されました。

コムギもその後は倒れるように即寝。

 
もう二度と脱走がないようにしていただきたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

eight − four =

ページの上に戻る