こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

「デイに行きたくない」とゴネた事情

今日子どもたちはデイの日でしたが
夕方18時過ぎに「いきいき」のおじーちゃん指導員さんから電話があり、
コムギがデイに行きたがらなくてゴネて10~15分動かなかったという話がありました。

最近コムギは学校も「いきいき」もデイも「行きたくない」とグダグダ言うことが多いけど
一旦外に出るとゴネて動かないという事は一度もなかっただけにびっくり…

指導員さんは迷惑してるとかそういう言い方ではなく
デイから言われるかもしれないので…という事で報告しておいたほうがいいと判断してくれたようです。

 
帰宅後にコムギにその話を聞いたところ
「あぁ、あれな~」みたいな軽い反応でまた違和感…

何かやらかした時にこういう反応をすることは基本ありません。

どうやら最初は本気で行きたくないとゴネたわけではなく
ふざけて「行きたくないから行かへ~ん!」と言ったところ
新任の年配の指導員さんが怒鳴りつけてきたらしく
それにハラが立ってこじれたようです。

何でも「おい、お前!」みたいな感じで大声で怒鳴られ、
本気で行きたくないと言ってたわけじゃないけど
「誰が行くもんか!」と頑なになったのが流れらしい。

コムギは怒鳴られたり威圧的な態度で接すると逆効果で余計ややこしいことになります。
私自身毎日のようにやってしまうので他人の事をどうこう言える立場じゃないですが…

 
新しい指導員さんは年配の方らしいので昭和気質なんだろうと推測してますが、
トップのおじいちゃん先生が来た途端その指導員さんは大人しくなったらしく
コムギはその点も納得がいかないようです。

我が子の話をすべて鵜呑みにする気はないけど
「〇〇と●●もおったから聞いたらわかる!ほんまやから!」と必死で訴えてたので嘘ではないんだと思います。
疑ってたわけじゃないけど、そこだけは必死だったので「信じて!」という気持ちだったと推測してます。

5年生ということもあり、
その場にいる人によって態度が変わる新任の指導員さんに不信感が沸くのもわかります。
上の立場の人間が現れたら態度が変わるというのは確かに汚い。
新任で信頼関係も何もない状態だしね。

通常の5年生ならある程度適当に流せる子のほうが多いのかもしれないけど
頑固で威圧的な態度に敏感なコムギには無理だな…

 
一応この事はおじーちゃん指導員さんに伝えようと思ってます。
「子どもの言う事なので全部が真実とは言えませんが」を前提に。

ちなみにデイからは特に何も言われませんでした。

コムギにハラが立つことは多い。
でもこの件でコムギがすべて悪いとされるのはどうなのかなぁという思いがあるのも正直な気持ちです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

1 × 5 =

ページの上に戻る