こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

2人して鍵を忘れる

今日(もう日付が変わってるけど)は子どもたちは給食後に下校の予定でした。

私はめずらしく社長に誘われてランチの日。
新しい人が入ってきた時はチームの人間+新人+社長ででランチに行ったりするけど
そういうのではなく社長が思い付き(おそらく)で企画したものでした。

ごく一部の女性陣だけが誘われたもの。
当初私はメンバーに入ってなかったのになぜか前日に誘われたという…

普段は定食屋や中華屋(ちょっと高めのやつ)に行く事が多いのですが
今日は思いもよらずコース料理でした。

 
Gパンで行くようなお店ではなかったです…

社長からは何も言われててなかったけど、
参加する人の中にはお店を知ってる人もいるので調べたら結婚式とかに使われそうなお店!

ランチなのでドレスコードというほどのものはないだろうけど
私は小汚いカッコか結婚式に出るようなドレスかの両極端の服しか持ってないので
普段着で参加するしかない状況でした。

 
そんな中「いきいき」から着信がありました。

「いきいき」は原則14日まで休業となっています。
「どうしても」という人の為の預かりは実施してるものの
それは前日に学校に電話予約をして「学校での預かりを利用した人」が原則。

そんな状況なのでうちは「いきいき」を利用せず下校を選択しています。

 
それなのに「いきいき」から着信?!

次々料理が出てくる状況では電話に出づらかったけど
行くはずのない「いきいき」からの着信なんて気になる。

状況を見て席を外して折り返すと「カギを忘れたから帰れない」とユッチが「いきいき」に行ったそうです。

 
昨日は普通に帰宅して鍵を開けて家に入ってるはずの子どもたち。
なぜ鍵がない!
てか、朝出発時に「鍵持った?」って聞いたはずなんだけど。

私は「は?」という気持ちだったけど
とりあえず「上の子(コムギ)が鍵を持ってると思うので電話してみます…」と一旦電話を切りました。

でもコムギは電話に出ない。

 
折り返し「いきいき」に電話をして状況を伝えると
「指導員と一緒に家に行ってみます」と言われました。

いやいやいや。

ユッチはもう3年生。
今は指導員さんの人数も通常通りではないのに
預かりを予定しなてなかった児童が舞い込んだ状態。

申し訳なさすぎるのでひとりで帰れるので大丈夫です…と伝えて帰らせることにしました。
もしコムギがいなくて家に入れなかった時は「いきいき」に戻ってくるという事で。

 
その後、再び「いきいき」から電話があったのですが
ユッチは無事コムギと合流はできたものの二人とも鍵を持ってなくて家に入れないとのこと。

という事で、ユッチは「いきいき」に戻ったけど
コムギは「遊びたいからいきいきには行かん!」と拒否したそうです。

 
今日の大阪はお昼から雨でした。

ユッチはこれで安心なので指導員さんに謝って預かりをお願いしたけど
コムギは雨の中どうするねん…と思いつつ
もう5年生なので自分で選んだのであれば好きに過ごせばいいと思ってました。

そしたらしばらくしてまた「いきいき」から着信がありました。

 
「コムギくんががズブ濡れで来たので預かります」と。

どしゃぶりに遭ってどうにもならなくなったんだろうね。
ことごとく迷惑すぎる…
でも怒られる事を恐れず学校に戻ってくれたのはよかったけど。

 
もう怒る気も失せる。
何で二人とも鍵を持ってないねん。

昨日ランドセルに付けてたよね?!と言ったら
下校後に公園に行ったらしく外したとの事。

うちは少し前に玄関の鍵を交換したのですが
その時に「新しい鍵は高いから!」と散々言い聞かせたはず。
それ以前に鍵がいかに大切か、拾われたら大事な物を盗まれるかも…という話は散々してきたのに。

この短期間で2人して約束を守ってくれなかった事に溜息です。

 
やっぱり言い聞かせでどうにかなるタイプではないですね。
真剣に訴えたのに…

そして再度「いきいき」から電話がありました。
休業期間中なのでもし何かあっても保険がおりないと…

後で文句を言う人がいると思うので電話してくれたのはわかりますが
アホな2人を預かってもらえただけでもう十分です。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

three × one =

ページの上に戻る