こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

気が反れると忘れちゃう

何かとすぐに気が反れるユッチですが、この前はさすがにびっくりしました。

すぐ気移りして気が反れるのは「やりたくない事だから集中できない」という認識がずっとありました。
特にやりたくないと思ってない事でも、
特に興味があるわけじゃないから出来ない、みたいな。

 
それがこの前、元旦那と子どもたちが会う日。
元旦那から「着いた」と連絡があったので「おとーさん着いたよ!早く用意して!」という場面がありました。

メールの返事が遅い元旦那なので当日はっきりと決まった事であり、
元旦那が到着した時はまだ2人とも用意ができてない状況。

休日なのでゆっくり寝てたら「もうすぐ着く」と電話がかかってきて焦ったパターン。
後で確認すると深夜に「明日いける」というメールがきてたけど、寝てるから!!!

みたいな。

 
それでも子どもたちにとってはうれしい事なので
2人とも「ワーイ!」となって素早く動こうとしてました。

コムギは慌てて素早く用意。
やる気さえあれば動きが早い人なので。

でもユッチは…。

 
時々しか会えない大好きな父親がもう家まで来て待ってるという状況で
「早くしないと!」と大騒ぎで動いてたはずなのに
用意をする最中にリビングの床にあった女子向けのナゾナゾの本に気を取られて読んでいました。

え?うそやろ?

「え?何してるん?」と言えば「本読んでる」と。

「いやいやいや!おとーさん着いてるって言ったやんな?」と言ったら
ハッとして「あ、そうやった!」と慌ててたけど
こんな状況でも何かに気を取られたら忘れられるんだ…とびっくりしました。

「何してるん?」と声を掛けた時点でハッと気づいてくれるのならまだしも
「え?本読んでるんだけど?」みたいな返答に溜息…

 
一旦気が反れてしまうとそれまでの行動を忘れてしまうのがユッチのようです。
それがどれだけ楽しみな状況だったとしても。

自分が玉ねぎの皮を剥きたいとうれしそうに言ったのに
トイレに行って戻ってきたらすっかり忘れてた上、最後まで思い出さなかった事もあったしな…
(→2019年月登校「皮剥きは?」参照

気が反れてしまう部分まではわからなくはない。
でもこれはちょっと…

 
今日も携帯を取りに家に戻ったユッチがぜんぜん戻ってこないので見に行ったらテレビに釘付けでした。
(私はマンションのエントランスで待ってました)

通常は私が戻った時点でハッと本来の目的を思い出すものですよね…
でもユッチは気にも留めず。

「なぁ、何してるん?」と聞けば「テレビ見ててん」と…

いやぁ、もう…
前途多難。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

12 + two =

ページの上に戻る