こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

気付かないユッチ

数日前、帰り道に3人で歩道を歩いてたら少し先にあるマンションから車が出てきました。

運転手さんは私たちが通るのを待ってくれてたので
子どもたちに「走りやー」と行って急ぎ目に通過。
車の前を通り過ぎたら私とコムギはスピードを落として通常の歩行モードになったのに対し、
ユッチはそのまま走って行ってしまいました。

そしてユッチは数メートル先で振り返り、
歩いてる私とコムギを見て「あれ?走らんの?走りって言ったやん」と。

 
何?状況読めてないのか?
この場合車が待ってくれてるから急いで通過しようという意味だとわからんもんかな。

いや、もしかして車が待ってたことに気づいてない?

で、「車待ってくれてたの気づいてないん?」と聞くと
「え?知らん」という返事が返ってきました。

ほんの数メートル先なのに車が出てきてたことに気付いてないなんてびっくりする。
普通に前を見てたら必ず視界に入る距離だし
18時頃で暗かったからヘッドライトもついてたのに…

 
車側が歩行者に気づいてくれることが大半だけど、
運転してるほうだって見落とすことがある。

自分で自分の身を守るためにもきっちりまわりを見る事が大事だけど
ユッチはどうもその辺が欠けてるなぁと日頃から感じます。

ユッチの不注意部分が大人になっても変わらないなら
免許を取ることは全力で阻止したい…

 
この週のユッチはケガも多かったです。
学校のあった1週間(5日)で3回擦り剥いて帰ってます。
まわりを見てなくて頭もぶつけたらしい。

保育所の頃からケガが多かったけど、
さすがに小2女子にしては多すぎるのでは…

家でも相変わらず踏んだりぶつけたりが多いし
時々こっちが踏まれたり突っ込んでこられたりという被害に遭うのでどうにかしてほしいもんです。

でもどうにもできないのがユッチ。
これは仕方ない…

そして反省すらしないのがユッチです。
これは気にして欲しい…
ヘラヘラしすぎ。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

one × three =

ページの上に戻る