こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

親子で名古屋へ(後編)

「親子で名古屋へ(前編)」の続きです。

2日目は名古屋港水族館へ。

お盆ということもあってすごい人でした。
コロナ前の海遊館よりはマシでしたが、魚より人のほうが多いのでは…
水槽の前に群れて逆に観察されてるのでは…の状態。

この小魚たちが人間、みたいな。

 

クラゲはいつ見ても幻想的でキレイですね。

ひさしぶりにイルカのショーも見ました。
うちの子たちよりも絶対賢い。

最近(というほど最近ではないかもしれないけど)はモニターを取り入れるのが普通なのか
水中の様子も見えるのでいつジャンプするのかタイミングがわかったりします。

 
水族館を出た後は少し遅めのランチでおしゃれなカフェに行き、
ビッグサイズのハンバーガーを食べました。

食べ物を写真に撮る習慣がないのでいつも食べてから「あ、写真…」と気付く。

サラダのドレッシングが他で食べた事のない味でおいしかったです。
販売もしていたけど1Lくらいありそうなサイズでもう荷物がいっぱいだったので諦めました。

 
食事を済ませるとそのまま名古屋駅へ。

名古屋への旅行はだいぶ前に決まっていて
1ヶ月前程に新幹線の切符も予約していたのですが
タイミングの悪いことに台風が近づいていました。

当初は中止になるかも…と思った進路予想。

出発は13日朝、帰りは14日夕方の予定。
この進路予想だと帰りは新幹線が動かないんじゃないかと心配していました。

 
いつでもどこでもタイミングの悪い人間でおまけに雨女なので
こんなひさしぶりの遠出でも発揮するのかと落胆したけど
思いの外台風の速度が落ちた為問題なく出発でき、
更に帰りも大丈夫そうだとわかって安心。

前回新幹線に乗った時は大雨のせいで岐阜で足止め食らって
えらい目にあったので新幹線は若干トラウマなんです…
その時の新幹線も何年ぶりかに乗ったんですよ。

 
ちなみに妹一家は15日に帰るつもりだったけど計画運休のせいで16日に変更、
16日も運休で結局17日にようやく帰れたようです。

旅行ではなく帰省だったのがせめてもの救いなのかな。
子ども2人連れて駅で足止めくらったりホテル取れなかったりすることを考えるとおぞましい。

私とユッチは14日に帰れましたが、
前回足止めをくらった時の切符の払い戻しをしようと思ってたのに
すでに15日の計画運休が発表されていたので駅は人でごった返してたので諦めました。
(JRを使う機会がないのでいまだに払い戻しできてません)

 
新幹線は問題なかったけど、台風の進路が変わって
帰宅した翌朝方は暴風で目が覚め、ベランダは物が散乱していました。

いつの間にかおもっくそ大阪向いとるやん!

 
引き篭もり人間2人のひさしぶりの遠出はバテたりもしましたが
この夏唯一の楽しいお出かけとなりました。

そういえば。

新幹線を降りて地下鉄に乗り換えた時、
バテてたのもあるし、見慣れた光景に安心したのか
家と逆方向の電車に乗って終点まで行ってしまいました。

千里中央、吹田市です。

大阪メトロ新大阪の駅って行き先によってホームが決まってるわけじゃないんですかね?
出発時に降りたホームと逆側の電車に乗ったのに。

まぁ、何となく駆け込んだ私が悪いし、
途中止まった駅でも「あれ?何か聞きなれない駅だな」と思いつつ深く考えなかったので相当疲れていたんでしょう。
今思えば何であの時気付かなかったんだろうと不思議に思う。
普段なら駅名を聞いた時点で「あ、逆!」って気付くほど一番使う路線です。

これがコムギなら即気付いたと思いますが、
ユッチは電車に詳しくないし、何も気にしない性格。

 
疲れていて、ものすごく暑くて湿度も高くて、荷物も抱えていて
もうすぐ家だと思ったのに逆方向の電車に乗って終点まで行ってしまった時の絶望感ってもう言葉が出ません。

親子で無言になりました。

 
この失敗さえなければ雨に降られずに済んだのに
最寄り駅に着いて地上に出たら雨が降ってました。

地下鉄ではあるけど北側は地上を走る御堂筋線。
(正確には江坂~千里中央間は北大阪急行)

地上から地下に入る前の雲模様。
絶対アウトなやつです。

最後まで気を抜いたらダメですね。
新幹線に乗れた時点で完全に気が抜けていました。

 
でも名古屋は楽しかったです。
観光もせずに友達に会いに行ったのが20年前、
不足の事態で立ち寄ったのが1回(前述した岐阜立ち往生)なので
ちゃんと滞在したのは初めてでした。

また機会があれば行きたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

11 + sixteen =

ページの上に戻る