こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

6年男子に堪忍袋の緒が切れたその後

昨日の投稿の件ですが、今日18時前に「いきいき」から電話があり
Tの保護者に伝えたと報告を受けました。

その前にユッチ本人とT本人で話をさせたところ
Tは「ほんまは仲良くしたい」と言ったらしく、和解という事になったそうです。

え…
何それ?

ケンカして仲直りして終わり~みたいな間柄じゃないよね?
元々友達でもなければ仲良くしたいという気持ちすらないのに。

 
T母はこの報告を受けてブチ切れで息子Tを叱ったとの事で
ポイントはやはり「年下の女子に?!」という部分だったようです。
指導員さんが横からフォローするほど本気で怒ってたらしい…

え、今更?!

ほんとに何も知らなかったのか?
これまで散々やられてるので、子どもに特に指導をしない親だと思ってたので意外でした。

 
てか、日本語がカタコトで話が通じないかも…という話だったのに
普通に通じてるやん!

 
私としては今回の事だけじゃなく、今まで散々暴力をしてきてる子なので
親御さんはそれを把握されているのか聞いてほしいという気持ちがあり
指導員さんにも「今回の件だけの問題ではなくこれまで多々暴力をしていることを親御さんは把握されてるか聞いてほしい」と伝えてたんですが
結局今回だけの話で終わられてしまいました。

手を出す出さないだけの問題じゃなく、ちょっかいがひどい問題もあります。
ユッチが「いきいき」に行けば「うわ、ユッチ来た!クソババ女~」と言ってきたりとか。

低学年ならともかくもうすぐ中学生になる6年生ですよ…
数年前にコムギとよく揉めていた頃と何も変わっていません。

スルーできないユッチにも問題があるけど暴力云々を怒るだけで解決するわけがない…
絶対また問題は起きると思います。
今回のきっかけも3年男子に嫌がらせをしていたことが原因だし。

何か今回ユッチに手を出した事だけを問題にされてて
根本的な問題は宙ぶらりんのような…

 
ちなみにユッチにもコムギにもスルーする事が大事だと何度も説明しています。
「反応したら喜ばれるだけやから相手の思うツボやで」「動物といっしょやで」「言い返したらあいつと同じレベルになるで」と。

大人になってからもアレコレ言ってくる輩はいるので
いちいち相手にしてたら疲れるから「アホがほざいてるわー」くらいでスルーしろと。
生きていく上で大事な事だと。

Tとの事に関しては、いくら向こうが悪くてもユッチがやり返す事でお互い様(=ユッチも悪い)となるけど
ユッチが手を出さなければ一方的に相手が悪いという事になるから二度と手を出すなと散々言いました。

 
結局ちょっかいを出すタイプの子って反応してくれる子を好むものなので
シカトしてたらおもしろくないからそのうち何も言わなくなると思うんですよね。

でもうちの子たちはスルーできずついつい反応してしまうので
これ系のトラブルが起きやすいのは事実です。

仲のいい子が嫌がらせをされていると黙ってられないというのも
ユッチにもコムギにも共通して言える事です。
 

まぁでもとりあえず表向きは解決という流れになったので、ひとまずは様子見します。

このまま何もなければOKだし、もし次に何かあったら担任を通して話す予定。
…って言っても相手は6年なのでもうすぐ卒業ですが。

 
このまま手を出されなくなればうれしいけど
日頃の行いからTとはもう関わってほしくないので
何を言われても相手にするなという事だけは伝えています。

子どもたちが仲良くしたいという気持ちがあるならこんな事は言わないけど
2人とも関わりたくないと思ってるのでそれならば関わるな、と。

 
という事で、とりあえず一段落です。

 
そういえば。
今回一部のママさんに相談してたのですが
コムギと仲の良い5年生の女の子はTに「ビッチ」と言われた事があるそうです。

その子は普通にスルーできる子なのでトラブルにはなってません。
やっぱりスルースキルが大事!
うちの子たちの課題ですね。

ちなみにその子のママは「まだ処女ですけどw」と余裕の回答をしてたので
うちの子たちも軽く流せるようになってほしいなぁ。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

16 + 16 =

ページの上に戻る