こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

41歳、健康診断

今日は年に1度の健康診断でした。

通勤途中に見た大きなデジタル温度計では外気温が1度。
何でこんな寒い日に!
(現地まで自転車)

 
わかってはいたけどやっぱり増えてるよねぇ、体重。
感覚的にも視覚的にも肉が増えた事はわかっていたけど数値で見るとズーンときます。
きっとどこか「気のせい」で済ませたい、認めたくない気持ちがあったんでしょう。

そんな甘い気持ちで痩せたいなんて思っても無理ですよね。
これを機に現実をしっかり直視しよう…

 
まず自転車で会社に行って数十分仕事をしてから健診会場に向かったのですが
強風の中自転車を漕いで行ったのに血圧は上が102でした。

若い頃から低血圧で高校の頃は上が70台の時もあったので今は健康的なほうだけど
寝起きに測ったら一体いくつなんだろう…
さすがに70台の時はしんどかったのを覚えています。
 

健康診断で何より苦痛なのがバリウム検査なんですが、
今回はもう思い切ってキャンセルしてしまいました。

体調を崩してから小さなきっかけでの嘔吐反射が激しく、歯磨きすら思う存分にできない状態です。
ただでさえ最初の発泡剤でえづきまくって涙目になりながら必死で堪えてたくらいなのに
今あれを口に入れたら100%吐く。
迷惑がかかる事は確実なのでやめておきました。

それにバリウム検査って意味ないという意見もあるし…
いや、これは後付けの言い訳だな。

 
とは言え、昨年この検査に引っかかっています。
いつか胃カメラをしたほうがいいんだろうと思うけど、気が進まん。

気が進む人なんていないか…

いつか、ね。
…と言ってる人は行動しないんですよね。

 
あとは、左目の視力が下がってて矯正視力で0.6だったのですが
昔ならさっさとメガネを買い替えてると思うけど、老眼が始まった今は悩みます。

近視の度数を上げると遠くはクリアになるけど手元が見えにくくなるんですよね。
最近スマホで小さな文字を見るのがつらいので
家で集中してスマホを触る時はメガネを外してたりします。

近視の人にしかわからない感覚かもしれませんが、
近視のレンズ(マイナス度数)を使用してる人がメガネを外すと
視力がいい人が老眼鏡(プラス度数)を使用した状態と同じなのでメガネを外すと近くに焦点が合うんです。

近視なのでメガネを外すともちろん近くは見えても遠くは見えません。
視力の良い人が老眼鏡を掛けた時も同じだと思います。

 
その他の検査項目の結果は2週間後。
今回も自己負担で腫瘍マーカーを追加しました。

来年はピロリ菌を追加しようかと考えています。
今まで調べたことがないので一度調べておかないと…とは思ってるんですが
腫瘍マーカーとピロリ菌をプラスしたら1万くらいするので躊躇してました。

でも胃癌の原因にもなるというし、数千円なら一度調べておかないとな、と。

 
もう41歳。
大きな病気をしても誰も驚かない年齢に差し掛かっています。
うちは母子家庭なので私が働けなくなったら生活が回らなくなります。

脳や心臓の問題でポックリ死んだのであれば
ローンを払わなくていいとかのメリットもあるけど
死なずに闘病しながら生活を支える状況になった場合が怖い。

病気の種類はいろいろあるけど、やはり多いと思うのは癌。
今は癌になったからといってすぐ死ぬわけではないので働きながら治療をするケースが多いと思います。

そういう部分から数年前に医療保険を見直して
「病気になって働けないけどすぐ死ぬ状況にならなかった場合」を想定して癌に特化した保険に加入しました。

 
万が一を考えて保険は見直したもののやっぱり病気が発覚するのは怖いです。
でも早期発見は大事。

どんな結果が出るのかはわかりませんが、
子ども達が自立するまでは生き延びたいです。
長生きしたいとか高望みはしないけど、子どもたちを誰かの手に託さないといけない状況になることだけは避けたいと思っています。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

19 − 1 =

ページの上に戻る