こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ひさしぶりの「学校行かん!」

昨日の朝は久しぶりにコムギの「学校行かん!」がありました。

今まで何度か書いてますが、決して学校がイヤなわけじゃなく
めんどくさかったり機嫌が悪かったりというだけです。
「もういいもんっ!」と投げやりになるようなニュアンスです。

 
昨日のはただヘソを曲げただけ。
理由は忘れたのでほんとにしょうもない事だったんだと思います。

私がきつく言ってしまったのも要因。
コムギは優しく言っても動かない、情に訴えても動かない、
もちろん普通に言っても動かないくせに
感情を出してきつく言ってしまうと「もういい!キーッ」となって逆効果です。

ほんとにめんどくさい。
 

超大げさな演技で「こ~こ~に~制服を放りっぱなしにしてるのは~、誰か~なぁ~?」という風にやると
おもしろがって「それはコムギです!」と元気に返事をして動いたりするけど
親も人間なので眠くて忙しい朝にそんな事はできません…

「お風呂入らんなら食べちゃうぞ~!(ガオーッって感じの動作と共に)」とかも
「わーっ!やめてー!」とテンション高めに反応して動いてくれるので効果絶大。

いやいや、幼児じゃないんだから…
11歳だし。

まぁ、朝は私が余裕なくてそんな方法は試したことがないし
コムギも朝が弱いのでいざ試しても乗ってくれないかもしれませんが。

という事で、送って行くハメになり
ひさしぶりにコムギが原因で会社を遅刻しました。
(子どもたちは7時55分出発、私は8時出発です)

学校に到着したのは8時20分頃だったと思います。

 
急かしてるとコムギが「1人でも行けるし!!!」と何度も怒鳴ってきたけど
私が先に家を出て1人で学校に行ったことなんてないやん。

1度あったかどうかは記憶があやふやだけど
9割は学校から「コムギくん来てないんですが…」って電話がかかってくる。

何度もその言葉を信じて先に出社したことはあるけど
毎回裏切られて面倒な事になってるのに何をどう信じろっていうねん。

そうなったらなったで電話で説得しても登校しないし
結局仕事を抜けてチャリ飛ばして帰宅してコムギを学校に送り届けてまたチャリ飛ばして会社に戻って…

どんだけ大変やと思ってるねん!
そのリスクを考えたら先に出るなんて選択肢はない。

 
私が感情を出さずに対処出来ればマシな部分もあるけど
ヘソを曲げる事は予測もできなければ回避もできないのでほんとにめんどくさいです。

私、これまでの投稿で何度「めんどくさい」という単語を使用してるんだろう…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

nine − 2 =

ページの上に戻る