こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ぜんそく定期受診(2020年9月)

気が付いたら長らく記録してませんでしたが、
先週はコムギの喘息の定期受診がありました。

今は吸入ステロイドは卒業してシングレアのみ飲んでますが、
昨年12月以降発作は起きていません。

コムギは今5年生、年齢は11歳0ヶ月。
小児喘息は思春期頃に落ち着くケースも多いので
そろそろ落ち着く時期にきたんでしょうか。
私自身も高学年の頃から発作が出なくなったと記憶しています。

まぁ、一定数は成人まで持ち越したり成人以降に再発(?)するようで
軽度だったはずの私もそのケースに当てはまってますが
喘息で命を落とし掛けた事があるほど重度だった元旦那は
成人以降発作はなく若い頃からずっとスパスパたばこを吸ってます。

コムギはどうなるのかな。
 

出だしから話が脱線しましたが、
受診時に毎回行う呼吸機能検査は相変わらずでした。

良くもなく悪くもなく。
変化もなく。

実はコムギは数か月前から薬を飲んでない時期がありました。
習慣がついてる事は忘れないタイプで
薬の飲み忘れもほとんどなかった為まったくチェックをしてなかったのですが
ふと気が付くとシングレアもインチュニブもたくさん残ってる事に気付いて「あれっ!?」と。

本人に聞くと案の定「飲んでない」と。

インチュニブについてはあれこれあるけど喘息とは関係がないのでまた別の記事で書くとして
シングレアを飲んでなかった事は担当医に伝えました。

 
それについてどうこう言われる事はなかったけど
「薬をやめてみる」を検討してくれたのか
しばらく「うーん、ううううううん…」と考え込んでました。

でもやっぱり呼吸機能検査の結果が微妙な事もあり
断薬する時は完全な状態になってからにしようという結果になりました。

ステロイドの長期使用は気になるけど、
シングレアなら特に気にならないので早く止めたいとは思いません。
診察室で「ちゃんと飲みや!」と釘を刺して終了しました。

 
この喘息による毎回の受診は「アレルギー外来」という別枠で完全予約制です。
通常の外来が長引いていない限り、いつも行く時間は予約の人しかいません。
曜日も決まっていて曜日によっては隔週しかなかったりと融通がきかない部分もあります。

このアレルギー外来が基本水曜日なのですが、
4年生まで水曜日は5時間授業だったけど5年生になってからは水曜日も6時間授業となりました。

1学期の水曜日の時間割は学活とか委員会活動だったので気にせず早退してたけど
2学期になって時間割が変わり、水曜の5~6時間目は家庭科になったそうです。

コムギは家庭科が大好き。
今は裁縫をやってるのですが、家でもやりたがるくらい大好きなので
めっちゃ残念がってて申し訳ない事をしたと思いました…

という事で、次回予約は隔週しかない月曜に変更。
来週から家庭科は調理実習に入るそうなので変更して正解ですね。
料理も大好きなので、調理実習に出れないとなると泣いちゃう気がします…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

4 × 1 =

ページの上に戻る