こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

無断欠席

本日は週2回の登校日。

学校は12時過ぎに終わるので、その後は放課後デイの予定ですが
(現在は週1回だけ利用しています)
家でお昼ご飯を食べていたらデイのスタッフさんから電話がかかってきて
コムギが登校してない事を知りました。

 
「えええっっ?!!(どこ行ったん!)」とびっくりしながら
もしかして…と子ども部屋のドアを開けたけど姿はない。

でも何だかドアが重くて違和感があったので
ドアの後ろを見てみたらコムギがうずくまっていました。

部屋が散らかりすぎててドアが開閉するスペースしか空いてなかったんだろうな…

 
どこかに行ってしまったわけじゃないのはよかったけど
家で仕事をしてたのにぜんぜん気付かなかった。
気配も感じませんでした。

うちは10時半登校なので約2時間ずっとうずくまってたようです。

 
色鉛筆が見つからなくて行けなかったらしいけど
そりゃあそんなに散らかしてたら見つからんだろうよ。
探し方もヘタだし(辺りをチラッと見ただけで「ない!」と騒ぐ)、
何より準備は前日にやれって声掛けもしてるのに朝言うな!

まぁ、これ系の事についてはいろいろ思うことがありますが
ものすごく長くなりそうなのでやめておきます。

結局そのまま放課後デイのスタッフさんが家まで迎えに来てくれて
午後は4時間弱デイですごしました。

 
学校には昼食の時間を避けてから電話しましたが
担任の先生がユッチに聞いたところ「帽子がないから拗ねてる」と答えたらしい。

いや、帽子はずっとリビングに置きっぱなしだったし
コムギは今朝手元に帽子を持ってました。
ユッチも適当だなぁ。

「〇〇がない!」と騒いでたわけでもないのに
何でそんな適当なこと言うねん。

 
でも気付かなかった私が一番マヌケですね。
登校時に2人ともバタバタしながら用意してたので
兄妹一緒に出発したもんだと思い込んでました。

仕事中だったので玄関までの見送りはせず
「気をつけてなー!」とPCの前から声を掛けただけだったんですよね。

まさかコムギが家に潜んでるとは思わず
自分1人分のお昼ご飯を作ってテレビを見ながら食べてたなんてほんとにマヌケ。

コムギもコムギでこういう時は何時間でもジッと出来るので
物音ひとつありませんでした。
普段なら退屈だのする事がないだの喚きながらウロウロジタバタするくせに!

 
でも何より今後は登校を見届けようと思いました。
いくら仕事中でも玄関先に行くぐらい何の影響もないので横着しただけ。

まさか行ってないとは思わなかったという思い込みもあるけど
普通にあるんだと思おう。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

sixteen − twelve =

ページの上に戻る