こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

突っ込んでいった相手

ユッチが「今日2箇所ケガしてん~」と帰り道で話してきました。

またかい。
ほんとに小さなケガが多い。

こけたり、ぶつかったり、ぶつかったり、ぶつかったり…

「で、何でケガしたん?」と聞き返すとコムギが会話に入ってきて
「今日サッカーしててな、ユッチが突っ込んできてん!」と怒り気味に話し出しました。

 
どうやらサッカーをしてる時にユッチがコムギに突進して突っ込んだ結果
2人の足がクロスして2人とも転倒したらしい。

それによって2人とも擦り傷等の小さなケガを負ったとの事。

 
どうせユッチがボールしか見てなかったんだろうなぁと思ったら
コムギが「ユッチ足元しか見てへんねん!」と。

だろうね。

ユッチはひとつの事に気を取られると他は目に入らん…
横断歩道でも白線に気を取られると「白線だけしか踏まない」という行動に出るので
歩行者&自転車がとても多い地域にもかかわらず
足元の線だけ見てぴょんぴょんしながら横断する事が多々あります。

これまで数えきれないほど注意して危ない事も説明してきたけど
ひとつの事に意識が向くとやめられないんですよね。

言い聞かせる事はやめないけど、
言い聞かせてどうにかなる問題じゃないというか…

 
そんなユッチなので走る事が多いサッカーとなると当然事故が起こる可能性が高い。

常にまわりを見れてないわけじゃないけど
ボールしか目に入らなくなる頻度は他の子より多いと思われます。

子どもなので多少は誰にでもあるだろうけど
自分の危険すら察知できないのでケガが多いです。

大きなケガをせずに済んでるのは体がとても柔らかい事、
身体能力が高い事が関係してると思います。
保育園時代からクラスで1、2を争うほど身体能力に長けてますが
イメージ的にはすばしっこいサルみたいな感じです。

 
今回の話を聞いて、相手がコムギでよかったーーー!!

というのが親の率直な感想です。
コムギには申し訳ないけど、相手が他のお子さんだったら…と思うと神経が擦り減ります。

何だかんだで仲が良い面もあるみたいだし
ダブルでホッとした出来事でした。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

1 × three =

ページの上に戻る