こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

2019年夏ラスト!

昨日は夏休み最後!
小学校メンバーの3親子と琵琶湖に行ってきました。

 
小学校メンバーと言っても1歳の頃からみんな保育所が同じで
このメンバーは子どもたちみんながとにかく仲良し。
ユッチの学年繋がりだけど、1人の2年生男子とコムギがかなり仲が良いです。

そしてもう1人の男の子とユッチもかなり仲良し。
異性だけどいまだに仲が良く、その様子は兄弟姉妹のような感じで
大人になってもこの2人が恋愛には発展する事は絶対ないよな…という雰囲気です。

そして親たち3人が気楽に付き合える関係なのが何よりかも。

 

現地駅に到着するとすぐ子どもたちはカブトムシ発見!
それはそれはもう大興奮でした。(虫嫌いの子を除いて)
みんな都会生まれの都会暮らしなので野生のカブトムシに遭遇するのはこれが初めて。

コムギは数時間このカブトムシと行動を共にしていました。

でも私は特に見たくもないです…
今うちにはカブトムシの成虫2匹と幼虫11匹がいるので…

うちは昔はホームセンターでカブトムシを買ってて、
ここ数年は誰かがくれるという状況なので毎年カブトムシと触れ合ってるけど
そんなコムギも野生のカブトムシを捕まえたのは初めてでした。

 

そして埋められるコムギ。
お決まりのようにおっぱいとちんちんも作成される。
(下半身は自粛)

寒がりのコムギはずっと唇が紫色で寒がってたけど
これによって血色の良いピンク色に戻りました。

 

これで今シーズンの夏の遊びはラスト。

とにかく楽しい!
その一言でした。

今までもこのメンバーでプールや公園は何度となく一緒に行ってるけど琵琶湖は初。
子どもたちが「行きたくない」と言う年齢になるまで毎年恒例にしようという事になりました。

 
私はとにかく夏が大嫌いです。

何より暑さが苦手、汗をかく不快感が苦手、蚊や虫がいる、
電気代が高い、夕立が多い、ファンデがすぐ崩れる、
食べ物がすぐ傷む、日焼けする、セミがうるさい、等々…

なので、昔は毎年夏がくるのはただただ憂鬱だったけど、
子どもが生まれてからはこういう楽しい出来事があったりするので
少しだけ夏がくる事を楽しみだと思えるようになりました。

「イヤな事しかない季節」から「嫌いだけど楽しい事もある」みたいな。

 
コムギは今4年生。
親子でお出かけが出来るのはあと数年だろうけど出来る範囲で楽しんでいこう。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

fourteen − one =

ページの上に戻る