こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

今時のあおり運転について

最近はよく「あおり運転」がニュースで取り上げられてますが、
私も若い頃に怖い思いをした事があります。

今はドラレコやスマホが普及してるので
テレビのニュースでよくその様子の動画が流れてますが
私が若い頃はあおり運転なんて当たり前のようにしょっちゅうあったので
正直「事故にもなってないこんな事をわざわざメインのニュースで取り上げるの?」と思ったりする事もあります。

もちろん悪い事だし、私も何度もやられて悔しい思いをしたけど
過去に運転の仕事をした事がある40歳の私には「めずらしくない事」という認識。
それぐらいよくありました。

 
とはいえ、どんどん取り上げて「あおり運転は犯罪」という認識になればいいなぁとは心底思ってます。

 
でもほんとにめずらしくないほどよくありました。

運転の仕事をしてたのは20~24歳頃だったと思いますが、
商用のしょぼい軽自動車で走ってたので、それはそれはもう舐められる事が多くて。

あおるタイプの人は弱い者にしか向かわないのでわかりやすいです。
当時の彼氏の車であったハイエースを運転してる時はあおられた事なんて一度もないけど
仕事の軽だとしょっちゅうありました。

商用の軽自動車で若い女

もうそれだけで見下す要素しかないんだと思います。

 
普通にあおられる事は度々あったけど
その中でも一番記憶に残ってるのは車から降りてこられた上シートベルトを掴まれて怒鳴りつけられ
最後には運転席のドアを蹴られてドアがきちんと開かなくなった事。

場所は大阪市内の中央大通と高速の降り口が合流してる場所で、
普通に合流したらあおられた上、上記のような行動に出られました。

 
しょぼい車に乗る若い女に前に入られてハラが立ったとしか思えない感じだけど
私も若くてアホで勝気だったので文句を言い返したのが悪かったとは思います。

かわいく謝ったらそこまではいかなかったと思うけど
自分に非がなかったので思いっきり言い返したんですよね。

 
その結果、車のドアはまともに開かなくなり、修理代は5万円かかりました。
(会社負担、もしくはリース会社か保険会社負担ですが)

力ではかなわない事が悔しくて私はその時持ってたデジカメで写真を撮ってます。
車のナンバーがしっかり写ってるものです。

そのデータを持って警察署に被害届も出しに行きました。

でも警察署ではまるで私が何か悪い事をしたかのような扱いを受け、
(超絶に態度が悪くて威圧的でめんどくさそうな振る舞い)
証拠となる写真と共に被害届を出したにもかかわらず結局何も動いてもらえませんでした。

そもそも被害届を出した時にも「これくらいじゃね~」と軽くあしらう態度。
この時警察が大嫌いになりました。

被害届を出しに行ってるのに加害者が取り調べを受けるような気分を味わうって何?
当時20代前半、40~50代くらいのメタボのオッサンにシートベルトを掴まれて怒鳴られて
車を蹴られるってものすごく怖い体験だったんですけど。

 
そんな泣き寝入りをした思い出があるので
「今はこんな事程度でニュースになるんだ?」「もっと取り上げて」と思う両極端な気持ちがあります。

ちなみにその時の男は助手席に女を乗せてました。
アホな男というのは「強いオレ」を見せたくなるんでしょうか。

当時は恐怖でしかなかったけど、
そこそこのおばちゃんになった今は「いい年してカッコ悪い事してるって気付けよな」と思います。
同乗してる男がそんな行動に出たらドン引きするわ。

 
40歳になっても相変わらず短気な私だけど、今は身の危険を感じたらきっと媚びて謝ると思います。
心の中では暴言を吐いてると思いますが、理不尽な事で命を落とす事もあるしね。
これはちょっとした成長だと自負してます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

13 − 3 =

ページの上に戻る