こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

おねしょ記録一旦終了

1月から付けてたユッチのおねしょ記録ですが、
3月末をもって一旦終了する事にしました。

正直もうめんどくさい。
3月後半はユッチ自身寝起きの測定を忘れる事も多くて
これ以上続けても意味ないよなぁと。

トイレに入る直前に言っても忘れるし、
かと言っていちいちトイレ内まで付き添ってられん。

どこかに提出するわけでもないし、
だいたいの状態は把握したので目的は果たしたという事で。

 
ユッチはおねしょをあまりにも気にしなさすぎなので
おねしょの記録を付ける事によって意識が変わるかなぁと期待したけど
そこは特に影響しなかったしな…

寝る前のトイレも言わなければ行かないし、
漏らしてない日があっても喜ぶわけじゃないし。

一応おねしょを治したい気持ちはあるみたいだけど、
気にはしてないようで人に知られる事も嫌がりません。
(自分から言うくらいだし…)

しかもオムツ大好き。
先日いつものオムツがなかったので違う商品を買ったら
「おかーさん、今度からこれにして!履き心地ええわ~」と言ったくらい。

恥ずかしいと思う気持ちはないんかい!

 

測定によって尿量等は把握出来たものの、結局何が原因なのかいまいち掴めず。
夜間尿量は多めだし、膀胱の容量も少なめだけどどちらも特別ひどいわけじゃない。
それが原因でおねしょに繋がってるのはあると思うけど
尿量が少なくても漏らしてるから限界を超えてる事だけが原因じゃなさそうだし…

3ヶ月間測定してきて、何だかそういう物理的な問題だけじゃない気がしてきてます。

 
おねしょには前頭葉が関わっているらしいのですが
ADHDも前頭葉の働きが弱いという記述を見ます。
そしてADHDの子は健常児より夜尿症の割合が多いとも。

ユッチは特性はあるもののADHDと診断されるほどではないし
専門家じゃないので夜尿症との関係が本当なのかどうかも判断できないけど
単純に「まだ前頭葉が未熟なんじゃ?」とも思えてきます。

 
「この年齢だからおねしょを気にしないといけない」というより
そもそもまだその段階ではないのでは…
体や知能は年相応だけどその辺の機能は幼児さんと一緒、みたいな。
羞恥心がなさすぎる部分も含めて。

って、結局これは発達に偏りがあるという結論になるのか。

そして未熟な部分が年齢に追いつくかと言えばそうでもないのが現実ですよね。
この先どう成長するかわからないけど、長い目で見ていこうと思います。

とりあえず小学校を卒業するまでにオムツは卒業したいかなぁ…
3月中おねしょをしなかったのはたった4日でした。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

2 × two =

ページの上に戻る