こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

3学期開始と適当すぎる2人にイライラ

3学期が始まりました。

やっぱり学校始まったらめんどくさー!
…と実感した1日目でした。

 
前日に持ち物は用意をさせてたはずなのに
家を出る5分前になって「消しゴムない!」と騒ぐコムギ。

昨日は用意完璧って言うてたやないかい!
「ふでばこ中身揃ってる?」「お道具箱完璧?」等何度も何度もしつこく聞いたのに。

 
ユッチはユッチで「(制服の)上着ないー!」とワーワー言って
わざと強く足音を立てて移動したり、物を乱暴に扱ったりイライラ全開。

いやいや、あるやろ。
誰もユッチの上着なんて触ってないんやから…

でも本人は探したと言うけど見つからず、結局ブラウス1枚で登校しました。

セーター+上着の組み合わせはOKだけど
上着を着ずにセーターのみの着用は基本NG。
これを知ってるユッチは私がセーターだけ着るように言っても拒否でした。
(連絡帳に事情を書けばOKだと思いますが)

 
家にないという事は学校に忘れてきてるんだろうと思ったけど
結局学校にもなかったそうで…

でも外で脱いで置きっぱなしという事は絶対ないし、
落とし物のカゴも確認したけどなかったので、これはきっと家の中から出てくるな。
「え?!そこ?!」というびっくりする場所から出てくるパターンだと思います。

よくあるんですよね。

 
朝はこんな感じでギャーギャー言い合いながら送り出したわけですが
一息ついて私も外に出たらマンション前にコムギとユッチの自転車が置きっぱなしにされてました。
昨日公園で遊んだ時に使ってそのまま放置したらしい。

自転車置場になおしてよ。
しかもユッチは鍵も付けっぱ。

カギは素で忘れてたみたいですが、放置したのは2人とも「めんどくさかったから」だそうです。
イラーーーーーッ!

 
この「めんどくさかったから」がものすごく多い子供たち。
誰でもあるし、私も毎日のようにあるのでめんどくさい気持ちはよくわかります。
でも大事な物だけでもきちんとしてほしい。
毎日のように注意してるのに「だってめんどくさかったもん」という開き直った言い方の返事が返ってくるたびにキレそうになります。

昨日から家のカギもそのへんに放置、携帯もそのへんに放置、何もかもそのへんに放置。
カギに関しては特に厳しく言ってるのに…

 
帰りは帰りでコムギが冬休みの宿題を「全部やった」と言ってのに
読書感想文を書いてなかった事が判明。
言い訳は「本読みたくないもん」「読む本ないもん」。

「読書感想文の宿題が出てるならそれ用の本を借りて帰ってるはずやで?借りてきてるやろ?」と聞けば「図鑑しか借りてへんから無理」と。

 
あれ?これって夏休みも同じやりとりをしたような…

 
宿題のためだからお話のある本を借りてくるように、と前も言ったはず。
そして図鑑しか借りてこなかったんならその図鑑を見た感想を書けばいいと言って書かせたのに。

てか、何より嘘はつくなと。

私は図鑑を見た感想でもぜんぜんいいと思ってます。
とりあえずやる事が大事やろう…

更に連絡帳も持って行ってなかったようで溜息。
チェックしろと何度言ったか。

 
グチを吐き出したけどほんとはわかってます。
こんな子供たちだからまだまだ私がチェックする必要があるんですよね。

でもぜんぜんできてません。
親子共に問題ありです。
私自身余裕がなさすぎてす。

 
そういや今朝はひさしぶりにコムギが豪快におねしょをしました。
起きてくるなり「めっちゃ汗かいたー!」と言って着替えてたので
「そういう時もあるわー」と言いながら適当に流してたのですが
ユッチを起こすためにベッドに行ったらでっかいおねしょ跡が…

いやいやいやいや、これ汗ちゃうやん!誰がどう見てもおしっこやん!

コムギ本人はおしっこのにおいがしなかったので本気で汗だと思ったようですが
お尻まわりだけ大きく濡れる汗があるかい!

たしかにユッチのおねしょに比べたらニオイは少なかったけど
一目でおねしょだとわかる見た目…
3年生なので量もかなりのもんです。

でもコムギは認めず私の指摘にご立腹。
「おしっこちゃう!キー!いじわる!」みたいな。

どこがいじわるやねん…

 
ちなみにうちはおねしょをしても怒りません。
今日も「出るもんはしゃーないで?それは別にいいねん」と言ってから話をしてました。

私自身中学生までおねしょをしてたし、怒られる事にビクビクして育ったし
生理現象なので本人の意思でコントロールできる事でもないのでそこは怒りたくないと思ってます。
なので「おかーさんも5年、6年でもやってたで?」と言った上で。
(さすがに中学生とは言えなかったけど…)

汗だと言い張って掛け布団も濡れた部分に乗っかったままだったので被害拡大だったし
気付いた時点でタオルを乗せるなりの対処を早急にしたい。
おねしょをするのはいいけど対応はきちんとしようよ、と。

 
朝は認めず文句ばかりだったけど、
夜になって「汗って言ってごめんなさい」と謝罪がありました。

かわいいとこもあるんですよね…

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

fifteen − two =

ページの上に戻る