こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

支援級転籍への道、診断書

一昨日ユッチの診断書をもらいに行ってきました。

病院の先生の話でもやはり今はいろいろ厳しくなっているそうで文科省が云々と言ってました。
(やはり細かい話は覚えてないけど…)

診断書にかかった費用は5000円。
昔6000円ぐらいした記憶があったけど少し安かったです。

いや、じゅうぶん高いけど…
私が通院してる病院は3000円くらいだったような。

 
ここの病院はコムギが保育園児の頃から通っている児童精神科で
ユッチは一時期夜尿症治療で通っていました。
最後に受診したのは5年生の1学期だったかな?(現在5年生3学期)

あと、数年前に放課後デイの受給者証申請の為に診断書を書いてもらったこともあります。
(自相で受けたWISC-Ⅳの結果を渡しています)

 
診断書の内容はその場で打ち込んでくれましたが、
「ADHD」「聴覚過敏」「支援学級が望ましい」みたいな単語が含まれていたと思います。

受付で封書を受け取りましたが、封がされていて「開けないでください」と言われたのですが
これって病院によって違うんですかね?

私が別の精神科で自立支援医療制度申請の診断書をもらった時は封はされておらず
普通に中身が見れました。

 
診断書があっても支援級に転籍できるとは限らないと言われたけど
とりあえず一歩前進。

学校に持って行くのめんどくさいなー、また早退するのイヤだなーと思ってたら
昨日出勤の為マンションを出たところで校長にバッタリ。

最短で渡すことができてよかったです。

まぁ、ユッチを迎えに来てくれたところだったんですけどね…
本人爆睡でいつも申し訳ない。

夕方になって担任の先生から電話があったのですが
今週支援級の先生を交えて面談することになりました。

あと何回仕事を早退しないといけないんだろう。
手順や流れをまったく知らないのですが、話が進むといいなぁ。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

4 × three =

ページの上に戻る