こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

冷戦3日目、終息

コムギとの2日間の冷戦を経て、3日目に仲直りしました。
いや、ケンカしてたわけじゃないから仲直りというのも違うか…

 
その日、デイの責任者さんからLINEがあり、
2日間コムギの様子がおかしいので話を聞いてみたら「おかあさんと喋ってないねん」と答えたそうです。

理由を聞くと「わからん」と答えるものの実際は理解している様子で
ユッチの「私関係ないし~」みたいな態度にも少し苛立っているらしく
コムギがいろいろなスタッフさんとお話をしたとの事でした。
(かなり簡潔に書いてますが)

 
まさか外で様子がおかしいと言われる程堪えてるとは思わなかったので
経緯を説明すると最近デイでもそういった問題行動はよく見受けられるという話でした。

デイでどのように対応してくれているかの話もあったけど割愛して…
スタッフさんはコムギにアドバイスしてくれたようで
夕方コムギからチャレンジタッチを経由したメール(ハトさんメール)が2通届きました。

「ごめんなさい。二度としません」
「いきいき行きます。勝手にゲームをしません。」

 
ハトさんメールというのは手描きです。
チャレンジタッチのOSはAndroidだけど
ハトさんメールはキーボードで文字を打つのではなく手描きで書かれた画像なんです。

もう6年生なので載せられるのはイヤだと思うので控えますが
PCの画像編集ソフトにペンタブで文字を書いたような感じです。

この二つのメールを見て「いや、それだけじゃないねん!!」という気持ちはあったけど、
自分からアクションを起こすことがニガテなコムギが送ってきたんだから
きちんと答えるべきだと思い、私なりの気持ちを返信しました。

140字以内とかでかなり短い文章しか送れませんでしたが。
(返信はキーボードで打つ通常のテキストです)

 

でもすぐに返信があり、「はい。自分の行動を見直します。」と返ってきました。

私もコムギも頑固で素直さに欠ける部分があるので
最初に文字でやりとりをしたことは最適だったと思います。
文字だと冷静になれるしね。

そして相手が怒っていると把握している状況で
コムギがアクションを起こしたのはかなり勇気を出してやったことだというのもよくわかります。

この後は親が歩み寄るべきだと思ったので直接話をしました。

 
とりあえずかなり後悔して反省していました。
私が完全に口をきかないという事は今までになかったのでかなり堪えた様子。

まぁ、反省して自分の行動を見直すとは言ってるけど
うちの子のタイプだと、良くも悪くも切り替えが早いので
しばらくしたら忘れてまた同じ事を繰り返すと思います。

それでもコムギから動けた事は評価したい。
ややこしい子のややこしい問題は何か言ったところで改善されるわけではないけど
自分からアクションを起こせるタイプじゃなかったので
外部の協力があったとしてもかなりの成長です。

 
数日経った今は元通りで相変わらずな感じですが、
「ちゃんとやらなければ」と意識している部分は見受けられるので少しは変わったのかな。
いや、日に日に効果がなくなっていってる気はしますが…

でもコムギはうるさく言われるとより拒否感が強くなって癇癪に繋がるので
私もハラが立てば立つほど「冷静にならなければ」と思うようにはなりました。
こちらもいつまで効果があるかはわかりませんが。

ということで、ひとまず今回の問題は終息しました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

eleven + seventeen =

ページの上に戻る