こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ヘルペス終息

先週土曜日の午前中、ユッチを眼科に連れて行ってきました。

ヘルペスに関する最後の念のための受診ですが、
順調に治っていて特に問題はありませんでした。

 
この日はいつもの先生はいなくて臨時の先生でしたが
「ほんとに黒目に影響が出なくてよかったですね」と言われました。

前も同じ事を言われて若干気になってたけど、
やっぱり黒目に影響が出る可能性があるものだったんですね…

 
そういえば紹介状には「ヘルペス角膜炎の疑い」と書かれてたので
ちらっと調べたらかなり怖い事が書かれてました。

角膜の濁りが残ったら視力回復が難しいとか、
そうなると角膜移植しかないとか、
目の感染症の中で一番失明率が高いとか… 

まぁ、こういうのってほんの一部であってほとんどが問題なく治るんだろうけど
知識がなかったので初めて知った時はゾッとしました。

 
お医者さんってどうしてもえらい人のように思えてしまうけど
ヘルペス云々以前に目の充血があるのに目を診てくれなかった休日の病院の医者は改めてクソ医者だと実感。

逆に総合病院小児科で上の先生に相談して眼科に繋げてくれた先生は人として信頼できると思いました。
お医者さんってプライドが高いイメージだったので、
自分が診ている診察室に上の先生を呼んで相談するのって意外だったんですよね。

まぁ、一般的な会社の業務であれば当たり前の事ですが…

 
ユッチは今週いっぱいプールには入れないけど、
もう眼科には行かなくてもよい状態まで回復しました。
ヘルペスって治るのに時間がかかるんですね。
パッと見はわからないけど、まだ一部赤味が残っている部分もあります。

プールに関してはまだ1度しか入れていません。
ヘルペスの次はコロナ濃厚接触で学校にも行けずで…
数日前は「今日気温と水温一緒やったのに!入ったら絶対きもちよかったのに!」と怒っておりました。

気持ちはわかるけどしゃーない。

来週月曜日が今学期最後のプールですが、天気次第。
入れたらいいねぇ。

 
とりあえずヘルペスのお話はこれで終了です。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

8 − one =

ページの上に戻る