こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

ユッチ、充血と発疹と発熱

昨日土曜日の話です。

3~4日前からユッチの片目が充血して、
目の周辺に2つ程発疹がありました。

若干の目の痛みはあるようでしたが、
発疹については痒みも何もないとのことで様子見。

しかし、日が経つごとに悪化して発疹は両目の周り全体に増え、
目の痛みや痒みは両目に広がって腫れ、
この日は瞼の淵にも発疹が出て炎症を起こしていました。

そして発熱。

 
熱は38度前半~38.9度までをうろうろしていたけど
ユッチ本人は食欲もあって咳も鼻水もなければ喉も痛くないと言うし、
何より熱があるように見えないほど元気。

私は子どもの熱が高くても水分が摂れてぐったりしてなければ様子見をします。
しんどくなった時用の解熱剤もストックがあるし、
まわりでインフル等の感染症が流行していない限り病院には行きません。

 
でも気になるのは目。

急に悪化したし、初めての症状。
痛くて痒いというのはつらいだろうし移るものだったら怖いので
休日や夜間だけ対応している病院に行く事にしました。

 
子どもたちが小さい頃は何度か夜間や休日にお世話になった病院だけど
コロナ渦の今は以前と雰囲気が違ってました。

熱がある人とない人が座る場所は別、
更に個別に隔離するスペースまでありました。

そしてガラガラ。

季節的なものなのか、コロナのせいなのかはわからないけど
これまでこんなに空いてたことは1度もありませんでした。
ユッチと私しか患者がいない時間帯すらあったほど。

 
熱に関しての心配はしてなかったので眼科のみ受診希望だったけど
熱があるのも実際のところ。

熱がある事を申告し、病院で測ってみると39度あったので、
眼科では「発熱の対応をさせていただきたいんですが…」と言われ
一旦待合室で待つように言われました。

 
そしてしばらくして呼ばれてもう一度眼科に行くと
さっき普通に問診してくれてたスタッフがみんな完全防護服!
テレビでしか見た事がない姿に変貌していました。

何か申し訳ない。

そんな状況で眼科医が登場してユッチの目を見てくれましたが、
目の事より熱の事を言われ、「目薬は出すけど熱のほうをまず相談したら?」みたいな感じでした。

ん?
で、目は?

結膜炎等の診断名が出るわけでもなく、
「熱からくることもあるしー、コロナでこういう症状が出る事もあるからね」と。

コロナ?!

まわりでコロナは出てないし、そういう疑いは一切なかったのでびっくりしたけど
そもそも熱より先に3~4日前に目の症状が出てるわけなのでそれを伝えたけど
何かイラついた感じで「どっちが先とか関係ない」と言われて終わりました。

何なんこの医者。

眼科って普通眼科特有の器具(?)で目を拡大するような感じで診たりするよね?
何もなかったんですよ。
顔をチラッと見ただけで一切何もしないし触れない。

 
そのまま終わりそうな感じだったので「相談って…どうしたらいいんですか?」と聞いてみると
小児科に行くなりしたらいいんちゃうーみたいな適当な反応でした。

ここの診療所は内科、小児科、耳鼻科、眼科があるので
小児科にまわしてくれるという意味なのかと思ったら適当に吐き捨てて終わりでした…

結局最初の問診から対応してくれてた看護師さんに助けられ、
小児科受診の手続きをしてもらえたのですが、まじ何なんあの医者。

で、結局この目の充血と瞼の炎症と腫れと発疹は何なのさ?
わからないとしても見解くらい述べてくれてもいいやろ。

 
そんなこんなで小児科受診の手配をしてもらいましたが、
一旦個別の隔離スペースに案内されてしまいました。

誰から見てもわかるほどの「感染症疑いですよ!」みたいなところです。

改めて小児科の問診票を記入しましたが、
小児科は眼科とまったく対応が違いました。

しばらくして呼ばれると隔離されることもなく普通の扱い。
受付で問診とサチュレーションの測定をされましたが
ユッチのサチュレーションは90代前半から上がらず
「冷えてるのかな~?」と言われ、ユッチ本人も「手が冷たい」と。

「お子さん、いつも手が冷たいですか?」と聞かれたけど
ユッチの手は基本いつも温かいです。

「え?手冷えてるの?」とユッチの手を触ると「あ、おかーさんのほうが冷たいわ」と言われましたが…

自転車に4年生の娘を乗せてまぁまぁな距離を走って暑くて汗だくでも
手が冷えているほど冷え性なんですよ。
受付でやりとりをしている時も汗ダラダラで汗が目に入らないようにするのが必死なほどだったのに。

結局何度か測定して96までは上がったので問題なしとなりましたが
パルスオキシメーターってやっぱり指が冷えていると正確に測定できないんですね。
→「やっぱり」と思ったきっかけの記事

 
しばらくして呼ばれた診察では熱の経緯だけではなく
目の事も眼科医以上に丁寧に質問してくれました。

すごく親身になってくれる感じのお医者さんで、
ほんとに細かく質問してくれた上、こちらの返答もすべて耳を傾けてくれました。
良いお医者さんや~。

症状的に可能性があるのはアデノウイルスとの事。
陽性とわかったところで特効薬があるわけではないので検査をするかどうかの希望を聞かれました。

よくある風邪を含め、基本ウイルスを殺す薬はないので対処療法になる事は理解してますが、
感染力がかなり強いと言われたので、陽性か陰性かで生活の仕方も変わるので検査を希望しました。

結果、アデノは陰性。
普通の夏カゼだろうとの事でした。

 
目に関してですが、充血、発疹、熱はそれぞれ関連がないという話でした。
発疹に関してはとびひの可能性が高いらしい。

でも過去にとびひは経験してるけど何か経過が違う…
部位が違うから?
昨日から抗生剤を飲ませてるのに悪化してるし、今日はかなり痛がっています。
とびひってそんなに痛がるもんだったっけ?

今は微熱程度まで下がってるけど、あまりにも痛い痛いと言うのでカロナールを飲ませました。
そして薬が効いている今、今度は「痒い!痒い!」と。

検索魔なのでいろいろ調べていると眼瞼ヘルペスに類似していると思ったけど
眼科医と小児科医に診てもらって何も指摘されてないのならやっぱりとびひなのかなぁ。

 
とりあえず休日夜間専門の病院は薬を2日分しか出してくれないので
(日曜に受診したら1日分)
明日朝病院に行こうと思います。
もしとびひだったとしても中途半端に抗生剤を飲ませて止めるのは良くないだろうし。

 
ここから先は私のマヌケな話になりますが、
病院で保険証と医療証が見当たらずカバン中大捜索しました。

普段子どもたちの保険証や医療証や診察券は母子手帳ケースに入れています。
コムギが生まれてからずっと同じものを使用しています。

それなのに保険証と医療証がユッチのもコムギのも入ってない!

どういうこと?!
と、カバン中漁っても見当たらない。
普段母子手帳ケース以外に保管することなんてないはずなのに…

「え?何で?何で?」と焦りながらガサガサ探していると
ユッチが横から「歯医者…」と言ってきました。

あああ!!!!

 
最近3ヶ月ごとに歯医者に定期メンテナンスに行かせてるのですが
子どもたちのみで行かせているので、その都度チャック付きの袋に保険証、医療証、お金を入れて持たせているんだった…
きっとその時のまま母子手帳ケースにしまってなかったんですね。

という事で実費になり、17800円支払ってきましたー。

あとで申請すれば返金されるけど、社会保険と区役所(医療証の分)2箇所への申請が必要なので大変面倒です。
やらかしてしましました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

1 × five =

ページの上に戻る