こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

私のマスク事情

6月半ばにリモートワークが終わって出社するようになってからは
基本ずっとこのマスクを使用しています。

花粉は防ぐようですが、おそらくウイルスに対しては微妙だと思います。
でもとにかく通気性がよろしい。

 
すぐにのぼせる体質なので不織布のマスクはつらいし
不織布は毛羽立つので顔が痒くて仕方なくて困ってたところ、
1袋だけ買ってあったこのマスクを思い出したのがキッカケです。

コロナが流行る前は色付きマスクに抵抗があって使おうと思ったことがなかったけど
今はよく見かけるので特に抵抗なく使用できました。

 
不織布のマスクの毛羽立ちは冬季はあまり気にならなかったけど
湿度が高いせいか今は痒くて使ってられん…という感じです。
淵が一番痒いので、間に何かを挟むにしてもマスクより大きいサイズが必要になるから見た目も気になるし
何より息苦しさが増すだろうし。

元々顔に何かが触れるのがニガテなのでマスクも大嫌いだし
感触で言えばニット帽とか絶対無理なタイプです。
子どもの頃からチクチクして気になって使ってられませんでした。

幼少期は毎年スキー旅行に行ってたので毎回怒られてたのですが
コムギほどではないにしても私もまぁまぁ頑固だったので完全拒否してた記憶があります。

不織布のマスクはその不快な感覚そのもの。
マスクがイヤなせいでリモートワーク継続の申請すら頭をよぎりましたが
写真のマスクのおかげで無事解決しました。

不快なことにはかわりないけど、「ガマンならん」まではいきません。

 
ただ、冬と違ってマシだと言えるのはメガネがあまり曇らないことですかね。
花粉症シーズン(2月~4月)のマスクはメガネが曇って自転車に乗ってられないほどだったけど
今は時々曇る程度でほとんど差支えありません。

春以降にマスクを使った経験がないので新しい発見だったかも…
そんな発見なんて別にいらないけど。

 
実は不織布のマスクが苦手なことで布製のマスクも購入していました。
水着素材に似てるけど水着よりは厚めの生地という感じでしょうか。
そこそこいいお値段しました。

でもこれもこの暑さだと息苦しくて一度使ったっきりです。
肌触りは悪くないけど、生地の目が細かいから通気性が悪い。
体感的には不織布のマスクと同じくらいなので快適だと感じる人が大半だと思いますが…

 
そんな中、先日マスクを忘れて出社してしまいました。

途中でコンビニに寄ったけどマスクが売ってない!
厳密に言えば売ってたのですが、よくわからない特殊な感じのマスクで2枚980円。
何よりサイズが小さい…
(私の顔面は男性サイズ)

 
そこで会社の自分のデスクの引き出しを漁ったら2層で薄めの不織布マスクが出てきました。

でもたぶんこれは5年ほどハダカのまま引き出しに入れてたもので
だいぶ昔に年末の大掃除で配られたものだったと思います。

案の定ホコリっぽい…
そしてやっぱり痒い。
2層なので息苦しさはないけど、不織布は篭りやすいのかのぼせるのは同じ。

 
というような1日を過ごしたのでやっぱりマスクは大事だと実感しました。

私は中学生の頃から花粉症のくせに長年極力マスクを避けてきたような人間。
それなのにまさかマスク強制の時代が訪れるとは思いもしませんでした。

通気性の良いマスクでも室温や気分次第で気分が悪くなったりするので
早くマスクがいらない生活に戻ってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

4 + 11 =

ページの上に戻る