こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

8歳夜尿症、薬を追加した経過

ユッチのおねしょの薬が増えて4日が経ちました。

夜尿症に処方されるミニリンメルト240㎍でまったく効果がなかったので
過活動膀胱等に処方されるベシケア5mgを追加したのですが、

1~2日目はおねしょ量減少、3~4日目はおねしょゼロ
という結果になっています。

 
効果があるということなんだろうか…
尿量だけの問題ではなさそうだったので膀胱の問題?

と結論付けそうになってしまいますが、
思い返すとミニリンメルト(120㎍)を初めて処方された数日も改善は見られたよな。

もしかして気の問題もあるのでは…と思わずにいられない。
でもおねしょゼロが2日連続というのもこれまでめったになかったと思います。

 
3年生で毎日おねしょをするのは普通じゃないという意識はあるけど
本人が気にしてないので急いで治療しようという気もありません。
「治ったらいいかな」ぐらい。

オムツ代も浮くし…
サイズが大きくなると高いんですよね。

 
5年生になれば宿泊行事があるので子ども自身が気にするようであれば猶予はないけど
ユッチなら堂々とオムツをしてることを言いそうな気もしてます。

いや、さすがに5年生になれば恥ずかしいという感情が芽生えてるのかな?
生理が始まってる子もいる年ですよね…

ただ、保育所も小学校も1クラスという人数が少ない中で育ってて
障害や何かしら問題がある子もいじめられたりしないような暖かい環境なので
ユッチが「私オムツやねん~!」と明るく言ったところで特に引かれない気もする。
知ってる子も複数いるし。

 
いやいや。
これっておねしょの問題より羞恥心のなさのほうが問題なのでは?
とはいえ、羞恥心をどうこうする事は不可能…

薬を複数使用してまで治療する必要があるのか迷うところですが、
とりあえずおねしょはしないに越したことはないので様子を見よう。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

20 + 16 =

ページの上に戻る