こどもたちの日常と母のひとりごと。息子は軽度アスペルガー。

蚊が原因の家庭内事故

日曜だった昨日夕方は公園で30分親子3人でバレーをして遊んだのですが
どうやらその時に蚊を1匹持ち帰ったらしい。

もう蚊がいるのか!
今シーズン初です。

そして発見第一日目に自宅に侵入されるとは…
(うちは8階なので窓やベランダからの侵入はありません)

 
で、今日の朝に気付いたのですがユッチが刺されまくってる。
そして今日は出社する事になってたので昼頃帰宅したらコムギも一箇所刺されてました。

そういうわけでお昼ご飯を食べた後、
子供たちに「蚊を退治せよ!」という指令を出しました。

私の動体視力はアテにならん。
コムギは虫を見つける速度だけはすごいので任せるに限る。

 
私は食後の休憩でベランダで一服してたのですが
「おった!」「こっち!」等の声を聞きながら寝室で蚊が発見された事は把握してました。

ほんとに見つけるとは思ってなかったので、さすがに若いな~と思いながら
追いかけたり取り逃がしたりする様子を聞いていました。

コムギは虫を捕まえるのが得意なのでこんなに捕まらないとは
成虫になったばかりで元気なんだろうなーと思いながら…

 
そしたらガッターーーンという聞きなれないものすごい音と同時に
コムギの尋常じゃない泣き声が聞こえてきました。

キッチンやリビングでの音なら「○○が落ちたのかな?」とか想像が付くけど
寝室で音の出るものなんてあったっけ?!

てか、この泣き方は普通じゃない。
何が起こったんや!!!!

と、大焦りで寝室に行くとPC上の棚が崩落していました。

元々設置されてたのは赤線のライン。

うそ!
これ落ちる?!

しかもまぁまぁ重いヤツやで!!!
側面が木目ということは180度回転してるし!

とりあえずコムギが足を押さえて泣いてるので
ズボンをめくって確認したけど膝下の色が変わって皮がめくれてる。

机に乗って棚に手を掛けて蚊を殺そうとしたところ棚が落ちてきて足に直撃したらしい。

でもしばらくしてきちんと受け答えが出来るようになると
どうやら骨は大丈夫っぽいがわかりました。

 
石膏ボードの壁なので棚はアンカーを打ってたけど
アンカーごと抜け落ちてました。

そういやアンカーごと抜けたのはここだけじゃなかったな。
(そのうちの一例→2018年5月投稿「取れかけのフック」

 
コムギが無事とわかれば気になるのはPC。
今から午後の作業に取り掛かろうとしてた時の出来事だし
この前今PCは在庫が少なく入荷未定のものも多いと電機屋さんで聞いたところ。
(リモートワークの増加によるものだと思います)

ひとまず落ちどころがよかったようでPC本体もモニタも無傷。
ペンタブにはそこそこの傷が入ってたけど仕事では不要。
(動作確認はまだしてないので動くかどうかはわからないけど)

 
まぁ、大ごとにはならず済んだっぽい…?

プラモデルは自分で作ったくせに一部部品が外れたまま戻し方がわからないままだけど、それよりホコリがすごい。
こんなに溜まるのか。

 

そしてこの棚は長らく触ってない開かずの扉のような状態だったのですが
7~8年前に今の会社に入った時のポートフォリオが出てきました。

やばい、恥ずかしい。
こんなの誰かに見られたら死ねる。

これを機に処分しよう…

 
夜になってユッチの背中が3~4箇所刺されてると知ったのですが
「もしかして蚊じゃなくダニ?!」と思ったのですが
思い返すとユッチは昨晩ハダカで寝てました。

ユッチは暑いと服を脱ぐクセがあるのでよくある光景なんですが
そりゃあ「喰ってくれ!」と言ってるようなもんだろ…
O型だし。

同情する気になれず、「服脱ぐから悪いんやろ」と言って終了。

 
問題の蚊ですが、事故後に私が仕事中天井に止まってるのを見つけて
柄の長いクイックルワイパーで攻撃しました。

高めの棚の上だったので飛んだのか死んで落ちたのか判断できなかったけど
その後見かけないので打ち取ったのかも。

これにて終息?

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

コメントをする

sixteen − seven =

ページの上に戻る